PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト PARTNERニュース・コラム(第270号)

第270号  ボランティア国際年+10

 本年2011年は、日本政府が提唱した「ボランティア国際年」の10周年です。10年間のボランティアリズムの進捗を確認し、さらなる推進を目指す機会の年として、国連ボランティア計画(UNV)が中心となって、世界中で活動を呼びかけてきています。

 日本では、東日本大震災を機に災害ボランティア活動が大きく注目されていますが、ボランティア活動が盛んなブラジルと共に「ボランティア国際年」10周年を記念する国連総会決議の提案国となるなど、今、世界のボランティアリズム推進の旗振り役でもあります。

 このたび、「広がれボランティアの輪」連絡会議(会長 山崎美貴子氏)が共催する「第20回全国ボランティアフェスティバルTOKYO」にて「ボランティア国際年」10周年を記念する国際シンポジウムが11月13日(日)に、国連大学ウ・タント国際会議場にて開催されます。

 シンポジウムでは、本年12月5日の国連総会決議を目指す国連ボランティア計画(UNV)から、9月に開催された「世界ボランティア会議」の成果、そして同日発表予定の国連初の「世界ボランティア白書」の調査結果を交えた世界のボランティアリズムの潮流についての基調報告、続いて、世界各地で「ボランティア国際年」10周年以後のボランティアリズムの方向性を作っていくであろう先駆的活動を主導する3名の専門家を海外から招へいし、活動紹介を通じて、ボランティアリズムの未来について議論される予定です。

 国内外のボランティア・市民活動の研究者、実践者、そして、今回の震災で、初めてボランティア活動を経験された方々には、世界のボランティア活動の潮流に焦点を当てた、貴重な機会であると思われます。是非、参加をご検討下さい。

2日間の全国ボランティアフェスティバル全体へのご参加には参加費が必要ですが、この国際シンポジウムは、参加費が無料となっています。当日は、国連大学ビル前の広場で週末恒例のファーマーズマーケットや「環境ボランティア見本市」も開催されます。 (S.N.)

「ボランティア国際年+10」記念シンポジウム 人が人とつながりあうために 〜世界各地の実践から学ぶ〜
【主催】:国連ボランティア計画(UNV)東京ボランティア・市民活動センター
【日時】:2011年11月13日(日)9時30分〜12時30分 (開場9時)
その他詳細等については、国連ボランティア計画の特設ページをご覧下さい。

先月 来月