PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト PARTNERニュース・コラム(第323号)

第323号  セミナー参加のススメ~国際協力JOBセミナーに参加してきました!

11月28日(水)にJICA地球ひろばとJICA国際協力人材センターの共同主催で、「第1回国際協力JOBセミナー 国際機関編」が開催されました。(PARTNERに人材登録している方にも複数名参加いただきました。ありがとうございます!)

PARTNERでは、キャリア相談を、メールで年間約100〜200件、対面で約200〜300件、受け付けていますが、中には、国際機関に就職したいけど・・・という相談もちらほら見受けられます。国際機関への就職に関心がある方向けの情報もPARTNERでは多く掲載していますが、JOBセミナーでは、外務省国際機関人事センターと国際連合食糧農業機関(FAO)の方から直接生の情報を聞くことができて、非常に参考になりました。

JOBセミナー参加者からは、


・インターンやアルバイトは職歴と見なされるのか?
・大学院のレベルは合否に関係するのか?
・どのようなことを勉強していると採用に有利なのか?
・収入、給料はどの位?
・継続雇用がなされなかった時にはどうするのか?
・ズバリ、結婚できるのか?
等々の質問があり、回答者の方々には一つずつ丁寧に答えていただきました。また、これから国際協力キャリアの形成を考えている参加者に対し、「国際機関では自分がその組織で何ができるか、提案、実施し、そしてしっかりアピールすることが重要。自分の好きではない分野でキャリアが蓄積されていくと辛いので、まず自分が何をやりたいかということをよく考えて専門性を身につけてよい。」といったようなアドバイスもありました。

 

国際協力分野の仕事は国際機関職員、JICA関連、開発コンサルタント企業、NGOといったところに代表されますが、企業、中央省庁、地方自治体、大学、公益法人などなど様々な組織の参画が増えています。ご自身の適性や志向を踏まえながら、複数の選択肢を検討していくうえで、PARTNERサイトの熟読とともに、今回のようなセミナーで生の情報を得ることは非常に有益だと思いますので、ぜひ積極的にご参加ください!ちなみに次回の国際協力JOBセミナーは12月19日(水)、開発コンサルタント編です。

また、複数の国際協力キャリアの選択肢についての情報を効率的に得たい場合は、国際協力人材セミナーへの参加がお勧めです。国際協力人材セミナーでは、国際協力の様々なキャリアの選択肢を一度にご紹介し、キャリア形成の体験談、ネットワーキングランチ、経験者との座談会、個別キャリア相談等、多数のメニューを取り揃えています。前回は11月3日(土)に神戸で開催しましたが、200名近くの方に参加いただき、「モチベーションアップにつながった。」、「自分で情報を得ようとすると断片的になり、包括的な理解が難しくなるので助かった。」、「進路のイメージが以前より明確になった。」「個別に疑問点を解決できるシステムがとてもよかった。」とご好評をいただきました。一日参加いただければ、多くのヒントが得られること間違いなし!です。

次回は2012年2月2日(土)に福岡で開催しますが、上記質問の回答が気になる方も、ぜひぜひ足を運んでください。水炊き、もつ鍋のおいしい季節ですよ! (E.T)

先月 来月