PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト PARTNERニュース・コラム(第370号)

第370号  地球ひろば来館者累計100万人達成

皆さん、JICA地球ひろばのことはご存知でしょうか?

JICA地球ひろばは「市民参加による国際協力の拠点」として、平成18年4月に東京都渋谷区広尾に開設された施設・機能です。

その地球ひろばで、昨年9月のJICA市ヶ谷ビルへの移転を経て、開設以来7年半で100万人の利用者を今般迎えることができましたので、この機会に地球ひろばを紹介させていただきます。
地球ひろばでは、全国からの修学旅行生など学生に対して、「体験ゾーン」という展示・相談コーナーで青年海外協力隊のOB/OGである地球案内人のガイドにより、途上国を中心とした世界の課題について体験形式で学ぶプログラムを提供しています。また併せてセミナールームでの国際協力体験談聴講や2階のカフェ「J’s cafe」での世界の食事体験というコースも提供しています。昨年は団体訪問だけでも396校・団体、8,227名の方々の体験ゾーン訪問がありました。その他に社会人や大学生の個人での体験ゾーンの訪問・相談、JICA市ヶ谷ビルに来たNGOの方や各種研修で訪問した国際協力関係者の訪問なども多くあります。

また地球ひろばには交流ゾーンという地球ひろばに登録してもらったNGOの方々などに貸出している会議室のスペースがあります。NGOをはじめとする市民団体の方々が平日の夜や週末に地球ひろばの会議室を利用して、セミナー、報告会などを開催し、地球ひろばを交流の場として活用してもらっています。今では登録団体の数も年々増え、約690団体に達しております。これらの団体にはJICAの各種事業やNGO向け研修などにおいても積極的に参加している団体も多数含まれています。また在京大使館による展示や大使会議での利用、企業・自治体によるセミナーや報告会、会議などの利用も含まれていますし、JICA地球ひろば自身もJICA関係部署や大使館、企業、NGOなどと連携して国際協力、開発途上国関連の情報受発信を目的に各種セミナーなどを主催・共催で多数開催し、大学生や社会人の国際協力の理解を深める場の提供なども行っています。

同様に先ほど少し触れさせていただいた「J’s cafe」では、ランチタイムに途上国のエスニック料理も出しており、在京大使館の協力を得て、大使館お墨付き料理も国別の展示と合わせて提供しています。これらすべての利用者の数を合計し、100万人の利用者を今般迎えることができました。
ユーザが追加した画像
来館者100万人突破記念セレモニーの様子

累計100万人利用は国際協力と市民の結節点として、市民の方、学校、自治体、NGO等市民団体、在京大使館、企業等多くの皆様に活用いただいた結果であり、国際協力や開発途上国のことをより身近に感じてもらうため、国際協力の情報受発信の場・機会の提供を様々な機関などと連携しながらJICAとして地球ひろばなど様々な機能・プログラム、また全国のJICAの拠点を通じて提供していくことの重要性を地球ひろば利用者の声などから日々感じています。是非皆様も地球ひろばをご活用、ご訪問ください。下記リンクもご覧ください。(S.I.)

リンク:
地球ひろばホームページ:http://www.jica.go.jp/hiroba/index.html 
地球ひろばフェイスブックページ:http://www.facebook.com/jicachikyuhiroba 
地球ひろば来館者100万人突破記念セレモニー 
ホームページ:http://www.jica.go.jp/topics/news/2013/20131101_01.html 
動画:http://www.youtube.com/watch?v=5ztqEEOFl0M 

事務局コメント:100万人到達、PARTNER事務局としても嬉しいニュースです!PARTNERも2013年度に国際協力人材セミナー、国際協力団体セミナーを地球ひろばを利用して開催致しました。これからも活用させていただきます!!
 
先月 来月