PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト PARTNERニュース・コラム(第450号)

第450号  シリーズ国内の現場(九州)~ぜひお近くのJICAにお越しください!~

北九州市八幡にある九州国際センター(以下、JICA九州)では、100を超える国々から、年間約1,000人の方々を研修員として受け入れています。こうした事業を担当する私にとって、研修員の存在は日常風景となっていますが、学生さんや地域の方々に事業をご紹介すると、国内でこうしたことが行われていることを初めて知ったとの声を、少なからず聞くことがあります。
国内各地にあるJICAを知っていただけたら、そして、足を運んでいただけたらと思い、JICA九州を中心に、国内のJICAについてご紹介させていただきます。
 
1.あなたのお近くのJICAは?
国内に15か所ある拠点の一つで、九州7県を担当するのがJICA九州です。
お住まいの場所からJICA九州(または最寄りの国内拠点)が遠い場合には、各県に、地域のJICA窓口として活動している国際協力推進員がおります。お近くのJICAまで、お気軽にお尋ねください。
国内のJICA拠点: http://www.jica.go.jp/about/structure/domestic/index.html
国際協力推進員: http://www.jica.go.jp/about/structure/suishin/
 
2.研修員は、どの国から来ているの?
研修員が書いたメモリアルカード(日本滞在中の思い出や地域の方々へのメッセージ)を、国旗とともに、JICA九州ホームページ上でご紹介しています。どんな国から参加しているのか、また、日本で出会った人々や研修についてどんな感想を持ったのか、ぜひご覧ください。
http://www.jica.go.jp/kyushu/enterprise/kenshu/message/index.html
 
3.国内のJICAで何ができるの?
国内拠点にある食堂や図書室は、研修員のためだけではなく、地域の方々にもご利用いただけます。身近な話題から、海外の国々の様子や文化について触れてみませんか?
(1)食を通じて異文化体験 JICA九州の食堂「JICAFe」は、お昼と夕食時、どなたでもご利用いただけます。月替わりの世界の料理や、さまざまな味をお楽しみいただけるバイキング(月2回実施)もあります。
http://www.jica.go.jp/kyushu/office/restaurant/index.html
 
(2)目で見る世界の国々 JICA九州の図書室には、国際協力に関する日本語で書かれた本や資料を取りそろえています。余談ですが、図書室から見える皿倉山の景色もオススメです。
http://www.jica.go.jp/kyushu/library/index.html
 
(3)イベントに参加する、国際協力の現場を見る JICA九州ほか、各地でイベントやセミナーを開催しています。また、研修の公開を行っています。開催情報は、JICA九州ホームページ、Facebookでご覧いただけます。
ホームページ: http://www.jica.go.jp/kyushu/index.html
フェイスブック: https://www.facebook.com/jicakyushu
 
 
パスポート無しで行ける、身近な国際協力の現場であるJICAの国内拠点、そして、地域のJICA窓口に、ぜひお越しください!国際協力キャリア情報をお探しの方も、国内拠点での新たな国・地域との出会いや発見が、今後のキャリアにつながるかもしれません?!(M.A.)
先月 来月