PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト 国際協力の働き方・関わり方を知る1

国際協力の働き方・関わり方を知る

国際協力業界の仕事や国際協力への関わり方 全体像

日本の国際協力業界における各組織の仕事や、各組織が提供する研修などの制度(=国際協力への関わり方・参加方法)について紹介します。
国際協力の仕事は多種多様です。ここでは、これらの多様な仕事の働き方に着目し「マネジメント系/スペシャリスト系」「無期雇用(社員・職員)/有期雇用(契約・ポジションベース)」の視点で整理しています。
マネジメント系の仕事は 、国際協力に関わる事業の計画・立案・調整・実施監理・評価などを行うもので、業務によっても異なりますが、分野・課題の高い専門性よりは多くの関係者と連携・調整をしながら協力効果を高めるためのマネジメント力やコミュニケーション力が求められます。スペシャリスト系の仕事は、海外で実施するプロジェクトなどで専門技術を活かして相手国の人に直接助言し、また技術を伝えることで、制度や組織の改善に貢献したりするもので、高い専門性や語学力が求められます。

写真提供:久野 真一/ JICA



 
 無期雇用(社員・職員として働く)有期雇用(契約・ポジションベース)各組織の提供する
制度
(仕事以外の
関わり方)
マネジメント系スペシャリスト系マネジメント系スペシャリスト系
国際協力機構
(JICA)
職員 技術協力
プロジェクト専門家
(業務調整)
技術協力
プロジェクト専門家
(チーフアドバイザー)
能力強化研修
  企画調査員
(企画)
技術協力
プロジェクト専門家
(技術移転型)
ジュニア専門員
※(詳細はしごと@JICAへ)企画調査員
(ボランティア
事業)
個別専門家インターン
企画調査員
(調達)
調査団員海外長期研修
在外健康管理員国際協力専門員JICAボランティア
(青年海外協力隊)
国内健康管理員特別嘱託JICAボランティア
(シニア海外
ボランティア)
 国際協力推進員 JICAボランティア (日系社会青年
ボランティア)
 国内協力員 JICAボランティア (日系社会シニア
ボランティア)
 研修監理員
(登録者)
  
国際機関一般職職員
(ジェネラル・
スタッフ)
 一般職職員
(ジェネラル・
スタッフ)
 JPO派遣制度
(ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー)
専門職職員 専門職職員 国連事務局YPP
(ヤング・プロフェッショナル・プログラム)
  インターン
(海外、日本、
在外公館)
 国連ボランティア
 人材育成事業
開発
コンサルティング
企業
コンサルタント インターン
国際協力
NGO/NPO
スタッフ ボランティアスタッフ/インターン
国際協力
関連機関
職員
(総合職)
職員
(研究職)
専門職コーディネータボランティアスタッフ/インターン
 日本語指導員 
政府機関・
地方自治体
総合職職員
(旧Ⅰ種)
在外公館派遣員在外公館専門調査員トビタテ!留学Japan
総合職職員
(旧Ⅲ種)
外務省
専門職員
草の根・人間の
安全保障
無償資金協力
外部委嘱員
国際平和協力研究員 
 職員
(地方公務員)
経済協力調整員 
大学 職員
(教員・研究職)
 高度開発人材事業
民間企業総合職
(CSR/広報/企画部門他)
総合職
(研究員)
   

※それぞれの仕事・制度の詳細については、上記図内をクリックしてご確認ください。

先月 来月