PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト

自分のもっている能力で関われるのが国際協力。 ~ビジネスか国際協力かという二者択一に陥らない働き方~

ユーザが追加した画像  ユーザが追加した画像
20023月に大学卒業後、 086月まで、某メーカー系SIer(1) にシステムエンジニアとして勤務。同年10月からオランダのMBAコースに進学。0912月より、特定非営利活移動法人 日本紛争予防センター(JCCPの契約職員としてケニアのナイロビ在住。働きながら積極的に研修にも参加。現在は同NGOIT、起業家支援のプログラムスペシャリストとして携わる傍ら、AMP MUSICというアフリカ音楽レーベルの立ち上げに関わるなど多岐にわたる活動をしている。


 ビジネス業界から国際協力の分野への転職は、片道切符と考えられ、それだけに後戻りできないだけの覚悟が必要だと思われがちだ。今回登場いただく斎藤隆祐さんはシステムエンジニアを振り出しに、マイクロファイナンスの研修を受講して現場感覚をつかみ、現在はマイクロファイナンス支援を行いつつ、ビジネスと国際協力の二者間を行き来している。マイクロファイナンスとの関わりやビジネスか国際協力かという二者択一に陥らない働き方についてうかがった。
 
マイクロファイナンスとの出会いは?
 そもそも私がマイクロファイナンスに関心を抱いたのは、大学時代に行っていたNGO活動を通して知ったのがきっかけでした。2000年前後当時、ムハマド・ユヌスさんの事業は開発業界において、眉唾ものと思われていた時代でした。興味があったといっても、そのときは聞き置く程度のものでした。
 マイクロファイナンスをはじめ、国際協力にはその後もずっと関心をもっていて、いずれは関わりたいと思っていましたが、どういう協力をするにせよ、さしあたって手に職をつけておく必要はあるだろうと考え、大学卒業後はIT企業に就職、システムエンジニアとして働いていました。
 05年頃に『ネクスト・マーケット』という本が話題にのぼり、ビジネス業界でBOPBase of the Pyramid)という言葉が囁かれ始めたことで、マイクロファイナンスの有効性に改めて気づき、本格的に学びたいと思うようになりました。そこで入社から6年目の08年に退職。オランダのビジネススクールに留学してMBAを取得することを決めました。
 
なぜオランダを選んだのでしょうか?
 消極的な理由としては、私の語学力不足から、英語圏のスクールでは講義についていくことの困難さを想像したからです。今では世界中どこででも仕事ができると思えるベースは築けたと思いますが、ずっと国際協力に携わりたいと思っていたにも関わらず、当時はその準備ができていなかったのです。
 積極的には、オランダは多様性を許容する文化が根底にあり、かつ、非英語圏での英語による講義であれば、自分の理解力の範囲でマイクロファイナンスについて、さまざまなことを学べるのではないかと思い、判断しました。  さらにオランダは、NGOや社会的企業のプレゼンスが高く、政府、企業との協働もしっかりしていると聞いていたことも大きいと思います。
 実際、JICAにあたるようなODAの執行機関がなく、政府のお金がNGOに直接渡ります。また民間銀行がインフラや途上国のマイクロ起業家にもファイナンスする仕組みがオランダにはあります。そうした制度を適用した現場が見られることを期待しての選択でした。
 
留学で学んだことは?
 留学を通じて印象深かった出来事の一つは、アフリカにあるビジネススクールに在学中の学生を対象にしたビジネスコンペティションに私も参画したことです。さまざまなアイデアを見聞きする中で、やはりビジネスのフレームワークだけではなく、その背景にある社会・経済的な状況を知らないと事業計画を評価することが難しいと考えるようになり、現場を見たいと思うようになりました。
 そんな折、IT企業に在籍時からプロボノベースでのつながりのあった日本紛争予防センターJCCP)でシステムのわかる人をソマリアに派遣する案件の募集がかかり、そのポジションでアフリカに滞在することを決め、オランダでのプログラム修了直後にアフリカに渡りました。
 JCCPUNDPの提携パートナーとして、欧米、ソマリアのNGOとともに実施したソマリア治安改善プロジェクトでは、市民社会の治安(セキュリティ)を確保するためのモニタリングの指標をつくるため、IT部門のプロジェクトマネージャーとして関わりました。どういう形であれ、アフリカへ行って現地のビジネスの様子を知りたかったのです。
 
研修「マイクロファイナンス・プロ養成コース」を選考した経緯とは?
ユーザが追加した画像 
UNDPのプロジェクトの傍ら、携わっていたケニアのスラムの起業家支援で壁に当たっていた頃、BOPの分野で活躍していた知人からアライアンス・フォーラム財団がバングラデシュのBRAC大学(2)と共同開催する2週間の研修「マイクロファイナンス・プロ養成コース」のことを聞きました。当時、スタディツアー以上のレベルのプログラムを提供しているものは本研修以外に見当たらなかったため、魅力を感じ参加を決めました。2週間の研修では、政府機関からNGOの現場まで多種多様な関係者による集中的な講義やフィールドワークにより、全体像、概略を現場レベルで非常に効果的に学ぶことができました。マイクロファイナンスに特化するのではなく、BRAC(2)が指向する「包括的アプローチ」をさまざまレベルで見ることができた結果、多くの視点を得ることができました。
 さらに、同時期にJICA地球ひろばがNGO職員に対して研修の機会を提供していることを知り、JCCP職員としてそれらの制度を活用させていただき、バングラデシュでは上記研修以外に1週間、南スーダンに1ヶ月半、ケニアに3週間ほど滞在し、マイクロファイナンスの実施されている現場を中心にした研修を受講しました。
 まずバングラデシュはアフリカと違い人口密度が高く、お金の借り手が集住しているためマネジメントしやすく、また足しげく通うことで投資先の状況が見えます。
 しかし、アフリカでは次のミーティング先へ行くのに車で悪路を1時間近く走らなくてはならないといった状況は当たり前です。そのためマイクロファイナンスのマネジメントも難しい。だからモバイルバンキングも発達しているのですが、最貧困層へのインフラとしては十分ではない。バングラデシュのベストプラクティスを適用しても、必ずしもうまくいかないことが理解できました。
 南スーダンでは、同国でも事業を展開するJCCPのスタッフとしてBRAC南スーダン事務所に研修員として参画し、JCCPBRACの事業連携を模索。研修員受け入れは前例がないようでしたが、BRAC大学からの修了証書のおかげで難なく受け入れてもらうことができました。同国では、長期に渡る内戦のため教育を受けられなかった人が多く、生活レベルがバングラデシュより圧倒的に低い。
 また難民キャンプで配布される支援物資を頼れば生きていけるため、自分で事業を始めなければいけないと考えて行動するモチベーションがなかなか育ちにくい。
 私個人は、南スーダンにおいて人口の大半を占める最貧困層に対してマイクロファイナンスを実施するのは厳しいという実感を得ました。国や地域によってマイクロファイナンスは絶対ではない。国際機関の助成金のついた衛生や福祉といった活動と連携させる手段の一つとして位置づけないと、それだけでは貧困問題は解決しないという感慨をもちました。
 
今後の展望について聞かせてください。
 私は決してマイクロファイナンスの専門家ではなく、またITについても私以上のスペシャリストはたくさんいます。南スーダンのように、とりかからなくてはならない問題が山積している国で、国際協力の本流と言えるような、生活レベルの底上げを行なっていくような能力は、私にはありません。
 しかし、本流ではないにせよ、自分のもっている能力で関われるのが国際協力だと思っています。
 BOPビジネスでも、一定水準の教育を受けていたり、自分で生活を何とかしようという意思をはっきりもっていたりする人が対象であれば、私の強みを活かした貢献ができると考えています。
 いま私には、経営コンサルタントを個人的に行いつつ、オーナーシップをもって行なっている活動があります。それは途上国の市場経済から隔離されている人たちが、自分のもっている能力や資源を活かして生計を立てるためのサポートです。
 その中の一つが、アフリカのミュージシャンが持つ唯一の資産である「音楽」の効果的なマネタイズを目指す、AMP MUSICという音楽レーベルの立ち上げです。昨年、ケニアのスラムで起業家支援をしている際に着想を得たもので、現在、日本に拠点を移して活動しています。自分が得意かつ好きなことでお金を稼いで投資を回収したいというのは、日本でもアフリカのいわゆる貧困層でも一緒で、「BOP」と顔の見えないキーワードで括るよりも、もっとそのような当たり前のことに光を当てられて、かつ大きい資本が不要な事業形態で彼らとビジネスをしてみたいと思ったのです。
 ビジネス業界から援助業界に転職することは、「片道切符」だと言われ、相当の覚悟が必要だと思われています。現在、私の肩書きはJCCPのプログラムスペシャリストですが、一方でビジネスのコンサルティングも行なっています。ビジネスと国際協力は一方通行ではなく、行ったり来たりしながら関われる仕事のあり方もあると思います。(201111月インタビュー実施)

1SIerSystem Integrationの略称SIに「~する人」を意味する-erをつけて「System Integrater」とした造語で、個別企業の情報システム構築を事業とする会社のこと。
2BRAC大学:世界最大級のNGOであるバングラデシュのBRACBangladesh Rural Advancement Committee)により2001年に設立された大学。

※本インタビューは、「見えキャリ 先輩のキャリアマップ」で公開していた内容と同一です。