PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト

国際NGOは毎日が発見の日々。 国際協力実務者に問われるのは、多文化・社会を観察する「センス」と尊重する姿勢 ~NGOで働く②~

— 11年間、発見の連続だった!
 子供の権利を守るため世界中で活動を展開するセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)SCJの現場で活動する立場から、NGOの組織を管理運営する立場になった定松さんに、現在の国際NGOで求められる能力についてお話をうかがった。
もそも私は海外の現場で働きたいという志向を強く持っている人間です。SCJ6年、その前の別のNGOでの活動も含めれば合計で11年間、ネパールの現場にいました。11年の間には、海外での草の根協力の現場に参加するという関わりかたから、ユニセフなど国連機関との連携、イギリスの援助機関DFIDなど主要な二国間ドナーとのミーティングへの出席、他のNGOと連携してどのように相手国政府に働きかけていくかというようなマクロ的な関わりかたまでもさせてもらった。50歳が近くなって振り返ったときに、NGOの職員が現地で関わることは一通りしてきた。あとは後進を指導することや、本部でのマネジメントの活動が私に残された課題だと考えて、昨年(2009年)2月に事務局次長兼事業部部長として東京の本部勤務になりました。
 11年間に及んだネパールの現場は発見の連続だったという。
パールは地域によって言葉も文化も社会のあり方も変わってくる多様な国で、いくらでも新たな発見があり、非常に興味深かったです。11年いたからといって、ネパールという国はわかった気にはなりませんでした。最後の最後まで、こういうことも自分は知らなかったのかと思い知らされることが多かったです。

 ネパールの政治自体の大きな変化を目の当たりにし、ネパールの政治に深く関与した仕事に携わることもありました。

 最後の国王が専制政治を敷いて、NGOの活動にも制限をはじめたという出来事がありました。NGOの活動の自由を守るためには自分たちが声をあげないといけないというところまで追い詰められました。それまで私たち国際NGOは住民に対して『自分たちのニーズを政府に声を出して伝えないといけない』と言っていたのに、自分たちが声をあげる側に回ることになってしまった。

 『声をあげたら自分たちがつぶされてしまうから黙っていよう』という声や、『ここで声をあげないでNGOがどうする!』という声も出てきて、住民たちが逡巡するのと同じように悩みました。最終的には他の国際NGOとともに街頭に出て行って、『NGOの自由を守れ』と座り込みをしました。自分たちが住民に呼びかけていたことを実体験するという得がたい経験でした。
  
「観察するセンス」は現地の言葉を学ぼうとする姿勢に表れる
 定松さんが現場でこだわってきたことは、地域の住民たちが主体となって改善のための行動をおこし、そのプロセスをアウトサイダーである国際NGOがどのようにして助けるかということだ。
際協力実務者としては、その国の良いところを見つけようという姿勢があるかどうかが重要です。どこの国にも良さがありますから、その良さを早く見つけていかないといけません。また、その社会はどのように動いているのか。それを見て、仕事上での行動や言動に反映させていくこと、理解しながら仕事を進めることも重要になってきます。

 これらは『観察するセンス』がないとできません。観察するセンスは例えば、現地の言葉を積極的に学ぼうとするか、しないか、その態度にも表れますね。この姿勢があるかないかで入ってくる情報量も、見える世界も変わってきます。もし、英語しか使わないと、いくら長期間滞在していても、入ってくる情報がおのずと限られて、その国の良さをなかなか見出せなくなってしまう。

 人間関係の構築度合いも変わってきますし、現地の言葉を学ぼうとする姿勢はとても重要です。
 「観察するセンス」とともに相手の文化を尊重する意識が途上国の現場で働くNGOスタッフに求められる能力だ。
戒をこめてですが、途上国の人だからといって、相手を見下さない。多少なりとも見下すふるまいがあると相手に伝わってしまうのです。気をつけるべきは、日本にいたら自分は同じようにふるまうかどうか。日本人に対するのと同じ態度で途上国の人たちと接しているか。ぞんざいな口のきき方や、乱暴なふるまいをしていないか。最初から実践するのは難しいものがありますが、文化尊重の意識は重要です。
 応募者には多国籍環境で仕事をするのに必要な素質も求めている。
ーブ・ザ・チルドレンの場合、フィールドオフィスが主体となって、国の開発戦略などの策定や、案件のオペレーションなどを行いますから事業を実施する際にフィールドオフィスの裁量で意思決定ができる場合が多いです。また、他国のセーブ・ザ・チルドレンから派遣されているスタッフがフィールドオフィスに集り、多国籍のスタッフと共に働く環境も増えてきているため、異文化に適応する能力も求められています。仕事の内容はフィールドオフィスで実施している事業を担当する他に日本のODA予算で実施する案件の管理などもあり、国際的な環境で求められる仕事のスキルと、対日本の組織に求められる仕事の能力、両方が求められてきます。

 多国籍な仕事環境で特に問われるのは、自分の主張を明確に表現できるか、です。会議で、必要なときに発言ができてさえいれば、必ずしも雄弁でなくても周りの人は聞いてくれる。『普段はあまり発言の多くない人が喋り出したということは、何か意味のあることを言うのだろう』と相手に思わせるような会議での発言の仕方を身に着けることも大事です。
 最後に、NGOの現場で働きたいと思っている応募者へのアドバイスをいただいた。
ユーザが追加した画像
上国に派遣される前にもっと知っておけばよかったと思ったのは、日本における市民活動の経験です。国際協力志向だけでは、国内の経験が乏しくなるケースが多い。

 しかし、現地では、現地NGOとのパートナーシップで活動します。現地NGOはその国の社会のために活動している団体、つまり国内向けに活動している非営利団体です。現地NGOとの間で、話をする際に、こちらに市民活動の経験があると直接の参考にはならなくても、『日本でこういうことをやっていた』などという実例があれば響きあうもの、通じ合うものがでてくる。

 国際NGOは援助団体です。お金を出すから、現地NGOはつきあってくれるんです。お金がないときにでも現地NGOにつきあってもらうには、これが現地NGOとパートナーシップを築いていく際に必要な発想なのです。

 このために、私たちが、今まさに力を入れているのが、日本国内の子どもの権利保護に向けた取り組みです。日本でも今年から子どもの貧困問題への取り組み“Speaking Out Against Poverty (SOAP)”を開始します。子どもの貧困という問題に、当事者である子どもたち自身が声をあげ参加し、貧困を解決していく取り組みです。子どもたちとともに、子どもが夢や希望を描ける世界を作っていくことを目指します。こうした国内の活動に関わった職員が将来的に海外に出て行けば今までと違う関わり方ができるようになるのだろうと期待しているところです。

本インタビューは、「知りたい、採用する人される人」で公開していた内容と同一です。