JICA人材の募集について

JICA人材の募集について

JICAでは、国内・海外で活躍する人材を多岐にわたって募集していますが、その内容などによって募集方法・時期・回数や応募条件も異なります。本ページではその概要について説明します。

1.定期的に募集を行うもの

JICA職員(新卒・社会人)、JICAボランティア(青年海外協力隊、シニア海外ボランティアなど)、国際協力専門員、ジュニア専門員などは定期的に募集を行っています。募集開始時期が近くなるとJICA HPや以下の関連サイトで案内が出ますので是非ご確認ください。

 

JICA職員採用: http://www.jica.go.jp/recruit/shokuin.html  

JICAボランティア: http://www.jica.go.jp/volunteer/index.html

国際協力専門員: http://www.jica.go.jp/recruit/senmonin/index.html

ジュニア専門員: http://www.jica.go.jp/recruit/jrsenmonin/index.html

2.随時募集を行うもの

(1)国内を拠点とする業務

 特別嘱託、専門嘱託、国際協力推進員、国内協力員、研修監理員など日本国内で活躍するJICA人材は随時PARTNERの求人情報で募集しています。応募は郵便またはメールで行うものと、Web上で行うものがあり、案件毎に異なりますので、それぞれの募集内容をご確認ください。

 

(2)海外を拠点とする業務

 プロジェクトなど海外で活躍するJICA人材は、「公募」または「公示」により募集しています。公募についての詳細は「公募案件 応募の手続き」、公示についての詳細は「公示案件 応募の手続き」 でそれぞれ説明しています。

公募案件と公示案件の大まかな比較について以下にまとめています。なお、公募案件においては、1年以上の派遣を「長期派遣」、1年未満の派遣を「短期派遣」と区別しています。

 

公募案件

公示案件(単独型)

対象となる主な案件

技術協力プロジェクト専門家
企画調査員(企画) 

(長期派遣が中心)

 

技術協力プロジェクト専門家
調査団員

(2週間~数か月の短期派遣が中心)

支払う経費

契約で合意した業務を実施いただきます。
派遣期間中は毎月JICA規定に基づく手当を支給します。支給経費は以下のようになります。

【長期派遣】

・旅費(航空賃や国内旅費など渡航に必要な経費)
・所属先がある場合は所属先補填または協力金、無所属の場合は国内俸
・在勤基本手当
・子女教育手当
・住居手当

【短期派遣】
・旅費(航空賃、日当・宿泊費、その他渡航に必要な経費)
・所属先がある場合は所属先補填または協力金、無所属の場合は国内俸
詳細はこちらをご覧ください。

 

契約で合意した業務を実施いただきます。

最終的な成果達成を確認後、契約金を一括で支払います。必要に応じ前払い・部分払いも可能です。

支払う経費は以下のようになります

・直接経費(航空賃、日当宿泊費等)

・直接人件費

・その他原価

・一般管理費等(法人のみ)

 

詳細は「コンサルタント等契約における見積書作成ガイドライン」をご覧ください。

 

福利厚生

労災加入や災害補償などの手続きをJICAで行います。

なし

募集方法

・原則、毎週金曜日に募集案件を更新

・募集期間は原則13日間

・詳細はこちらをご覧ください。

 

なお、予定されている公募案件を公開しています。こちらをご覧ください。

・原則、毎週水曜日に募集案件を更新

・募集期間は1~2週間(案件により異なる)

・詳細はこちらをご覧ください。

 

なお、予定されている公示案件を公開しています。こちらをご覧ください。

 

応募要件

国際協力人材登録(必須)

国際協力人材登録(必須)

※個人で応募する場合。開発コンサルティング企業を通じた応募も可能で、多くの方が開発コンサルティング企業などに所属の上、派遣(契約)されています。

 

選考方法

・専門家履歴書や業務企画書等による書類選考

・面接

 

・プロポーザル審査

(面接はありませんが、必要に応じてプレゼンテーションを実施することがあります。)

派遣手続き

旅券や査証、航空券の手配などは原則としてJICAが行います。

 

旅券や査証、航空券の手配などは原則として専門家本人(もしくは所属企業など)で行っていただきます。

問い合わせ先

各公募案件の問い合わせ先にご連絡ください。

JICA調達部 計画・制度課 

電話03-5226-6606、6607

メール prtpd@jica.go.jp

 

 

JICA人材として活躍する人々の声をこちらで紹介しています。

▲TOP