PARTNER | 国際キャリア総合情報サイト
PARTNER 国際キャリア総合情報プラットフォーム

MENU

HOME 新規個人登録はこちら 新規団体登録はこちら 初めての方はこちら 学生の方はこちら close

団体からのお知らせ 詳細

掲載日 2019/10/10
団体名 独立行政法人 国際協力機構(JICA) JICA関西(関西センター)
タイトル 「世界を輝かせる女性の活躍を描く JICA海外協力隊 in 京都」~男女共同参画社会を目指して開催される「第31回KYOのあけぼのフェスティバル」にて~
お知らせ種別 EVENT
本文
日時:
2019年11月2日(土曜日)
13:00 - 15:00
会場:
ホテルルビノ京都堀川 2F大原の間【会場地図 新しいウインドウで開きます
主催:
KYOのあけぼのフェスティバル実行委員会・京都府・京都府男女共同参画センター らら京都

後援: 独立行政法人 国際協力機構 関西センター(JICA関西) 他

対象者: 国際協力や、JICA海外協力隊に関心ある方、アフリカでのジェンダー問題や、社会の女性の活躍に関心ある方

参加費: 無料 ※事前申込み不要

定員 : 40人

このイベントは、「SDGsゴール5 ジェンダー平等を実現しよう」をメインテーマとし、JICA海外協力隊として、ガーナの女性たちが生産するシアバターの販売促進の支援を行われ、帰国後は、そのシアバターを日本で販売する会社を起業され、ガーナ女性と日本女性を共に輝やかせている相川香菜さんと、JICA海外協力隊として、バドミントンを通して、エチオピアの人々への自主性を養う教育活動を行われていた高橋真子さんのお二人の講演を通して、世界のジェンダー問題や、国際的な男女共同参画社会について考えます。

本イベントは、男女が社会の対等な構成員としてさまざまな活動に参画し、輝くことができる男女共同参画社会をめざして開催される、「第31回KYOのあけぼのフェスティバル2019 ~スポーツで織りなす 輝ける京都の未来~」のイベント中にて開催いたします。

※「KYOのあけぼのフェスティバル2019」の詳細はページ下のリンク先よりご覧ください。
あけぼのフェスティバル開催時間: 9:45 ~ 15:00
基調講演:元プロテニスプレーヤー 沢松 奈生子さん(10:30~11:30講演)

【プログラム(予定)】
13:00- 挨拶
13:10- 講演① 相川 香菜さん(ガーナ・コミュニティ開発)
14:00- 講演② 高橋 真子さん(エチオピア、バドミントン)
14:40- 講演者との歓談など

【講師紹介】
●相川 香菜さん(ガーナ・コミュニティ開発)
大学卒業後すぐにJICA海外協力隊に参加。その際、ガーナ北部の女性たちが生産したシアバターを、国外の業者に安価で買われている状況を目の当たりにし、「シアバターを適正価格で販売し、彼女たちの経済的自立につなげたい。」との想いをもったことがきっかけで、帰国後、数年の準備を経て、2018年に「株式会社N yura konko(ン ユラ コンコ)」を起業。
ガーナ産の天然シアバターをはじめ、ガーナの自然素材を使った質の高い商品を通して、ガーナ女性の雇用創出と、日本女性へ美と癒しを提供されている相川さんの活動と想いを講演していただきます。

株式会社 N yura konko(ン ユラ コンコ)(HPはページ下のリンク先)※シアバターとは、アフリカに生息するシアの木の実から採れる植物性油脂のこと。
古くから食料としてや、肌に塗って紫外線による乾燥から保護するなど、生活の中で広く使われてきました。
保湿力がとても高く「保湿の王様」と呼ばれています。


●高橋 真子さん(エチオピア、バドミントン)
エチオピアにおいて、バドミントンの認知度はまだ低い。そんな中、JICA海外協力隊として、地域のバドミントンチームのコーチとして赴任された高橋さん。 スポーツを通した人間力の育成を目指して、質の高い技術指導や、バドミントンを通した教育活動を続けられます。 その結果、選手たちは、自ら主体的に行動するように成長されていったといいます。
自主的に行動するよう人を導いていくことは、とても難しいこと。全くの異文化であるエチオピアの地で、どんな活動をされていたのか? 高橋さんの現地での奮闘を講演していただきます。

関連ファイル:
お問い合わせ:
JICA京都デスク(担当:長谷川)
TEL: 075-365-7786(直通) / 080-8506-3714(携帯)
E-mail:jicadpd-desk-kyotofu@jica.go.jp
関連リンク:
先月 来月