PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト

団体情報

団体名 独立行政法人 国際協力機構(JICA) 国際協力人材部 人材養成課
URL http://www.jica.go.jp/
団体種別 JICA
所在地 東京都
設立年月 2003/10
設立目的 独立行政法人国際協力機構法(平成14年法律第136号)に基づき設立された独立行政法人で、開発途上地域等の経済及び社会の開発若しくは復興又は経済の安定に寄与することを通じて、国際協力の促進並びに我が国及び国際経済社会の健全な発展に資することを目的とする。
活動分野 援助アプローチ/戦略/手法
主な活動内容・実績 主な活動実績(海外)
世界中
・開発途上国への技術協力
 研修員受入
 専門家派遣
 機材供与
 技術協力センター設置・運営
 開発計画に関する基礎的調査
・有償資金協力
 円借款
 海外投融資
・無償資金協力
 ※外交政策の遂行上の必要から外務省が自ら実施するものを除く。
・国民等の協力活動の促進
・海外移住者・日系人への支援
・技術協力のための人材の養成及び確保
・調査および研究
・緊急援助のための機材・物資の備蓄・供与
・国際緊急援助隊の派遣

―――――――――――――――――――――――――
主な活動実績(国内)
同上

登録団体からのお知らせ


2017年度第三回国際協力JOBセミナー 中南米編 を開催しました!(2017年9月26日)
 国際協力人材部では、人材養成・確保事業の一環として、国際協力に関心のある、又は今後国際協力分野での活躍を考えている若手社会人や学生を主な対象に、キャリア形成のために有益な情報を提供する「国際協力JOBセミナー」を開催しています。
 今年度3回目となる今回は、西語人材の不足が昨今特に顕著である状況を踏まえ、中南米地域に特化したセミナーを開催しました。
参加者の方々に当該地域の最新情報、JICA事業の動向をお伝えするものですが、今後の国際協力活動への参加促進が期待されます。
 平日19:00開始のプログラムでしたが、200名超の参加申込を受けて、開催を迎えました。
 セミナー前半では、JICA中南米部次長吉田から、中南米の魅力とJICA事業について講演しました。
 最近の中南米地域の特徴として、中間層の急増とそれに伴う巨大市場の発達、豊かな自然と資源がある一方で、自然災害への脆弱性や環境問題への開発援助ニーズが高まっていることを中心に紹介。また、開発協力大綱に基づく中南米・カリブ地域へのJICA援助戦略や重点分野、実施中プロジェクトや日系社会への対応についても触れ、参加者の大いなる関心を集めました。
 セミナー後半は座談会を行い、講演によって理解を深めた参加者とのテーマ別質疑応答の時間を設けました。
 座談会は、次の6つのテーマを設定し、参加者の興味関心に沿って幅広く情報を提供しました。
1)国際機関の仕事、2)中南米事業の詳細や働き方、3)JICAへの転職・キャリアアップ、4)若手職員が見た中南米の魅力、5)中南米地域のボランティア事業、6)国際協力業界の全体像・キャリアパス
 各座談会では、JICA側講師を囲んで活発な質問、コメントが出され、中南米というフィールドで活躍する可能性についての議論が大いに盛り上がりました。出席した学生からは「中南米地域の事業に関する具体的な話が聞けて大変役立った。自分は西語を専攻しているが、将来は語学を生かして中南米で国際協力に携わっていきたい」との声が聞かれました。中南米地域に対する国際協力事業では西語人材の不足が課題となっており、こうした取り組みを通じて一人でも多くの方々に進路として検討いただくことを期待しています。

ユーザが追加した画像
写真:セミナー実施中の様子

ユーザが追加した画像
写真:座談会の様子




2017年度第二回国際協力JOBセミナー『国創り』の仕事―リケジョ×国際協力―を開催しました!!(2017年8月20日)
 
 JICA国際協力人材部人材養成課では、若手社会人・学生を主な対象とし、開発援助の第一線で活躍する方々から、国際協力の仕事に関する「生の声」や関連情報など同分野のキャリアを考えるにあたって有益な情報を提供し、国際協力活動への参加を促すことを目的とした国際協力JOBセミナーを開催しています。
 今回は内閣府・文部科学省・経団連共催の「理工チャレンジ」の一環として、国際協力JOBセミナーを開催しました。理工チャレンジとは、理工系分野に興味がある女子中高生・女子学生の皆さんが、将来の自分をしっかりイメージして進路選択(チャレンジ)することを応援するため、内閣府男女共同参画局が中心となって行っている取組です。
 今回のセミナーでは、前半は国際協力に関するビデオやクイズで国際協力に関する理解を深め、後半は学生時代に理工系を専攻し、現在国際協力のお仕事に携わる皆さんを講師にお招きし、「国際協力のお仕事とは何か」「理工系の勉強が国際協力にどう繋がっているのか」をお話していただきました。
 参加者の皆さんは終始うなずいたり、メモをとったりしながら熱心に講演を聞いていて、国際協力に対する純粋で熱い気持ちが伝わってきました。

【講演者】
・寺本 雅子さん:日本工営株式会社 コンサルタント海外事業本部 環境・水資源事業部
・平林 由梨恵さん:JICA社会基盤・平和構築部 都市・地域開発グループ
・田中 真理子さん:JICA農村開発部 農業・農村開発第二グループ

【参加者人数】20名

【参加者の声】
・JICAの仕事や、リケジョとしてどのような仕事があるのかを知ることができて良かった。
・JICAについて不勉強だったが、取り組みの一端を知ることができ、いい勉強・刺激になった。
・外国で何かを作るために計画を立てたり作ったりして、人々を笑顔にし助け合うということにとても興味を持った。
・理工学分野を専攻した女性の先輩方がお仕事として国際協力に携わっていることに感動した。今回のお話で聞いたことを1つのロールモデルとして、大学での学びに力を入れたい。
・理系の専門分野が仕事内容とどの程度結びついているかをより具体的に知ることができた。
 講師の方々
写真:講師の皆様(左から寺本さん、平林さん、田中さん)
 ユーザが追加した画像
写真:SDGsクイズの様子
 ユーザが追加した画像
写真:ビデオ鑑賞中の様子
次回JOBセミナーは9月26日、中南米編を実施予定です!お楽しみに

以上

 

プレスリリース

▲ページの上部へ移動

求人情報


掲載した求人情報はありません。

研修・セミナー情報


掲載した研修・セミナー情報はありません。


Copyright © Japan International Cooperation Agency