PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト

団体情報

団体名 公益財団法人 オイスカ
URL http://www.oisca.org/
団体種別 公益法人
所在地 東京都
設立年月 1961/10
設立目的 オイスカは「それぞれの生命は密接に繋がっており、それらの源は宇宙であることを認識し、すべての人々が、国籍、民族、言語、宗教、文化の違いを乗り越えて共存し、地球上のあらゆる生命の基盤を守り、育てようとする世界を理想とする」との理念を掲げ、その具現化のため、現在34の国と地域に組織を持って農村開発や環境保全活動などを国内外で展開しています。
また、東日本大震災以降は、津波で失われた海岸のマツ林を取り戻すべく、宮城県名取市で100haの海岸林再生を目指して活動しています。
活動分野 自然環境保全; 貧困削減; 教育; 水資源・防災; 農業開発/農村開発
主な活動内容・実績 主な活動実績(海外)
アルゼンチン、アゼルバイジャン、バングラデシュ、ブラジル、カンボジア、チリ、中国、コロンビア、東ティモール、エジプト、フィジー、インド、インドネシア、イスラエル、日本、韓国、マレーシア、ミャンマー、ネパール、パキスタン、パラオ、パレスチナ、パプアニューギニア、パラグアイ、ペルー、フィリピン、台湾、タンザニア、シンガポール、スリランカ、タイ、ウルグアイ、ベトナムなど
世界21カ国において農村開発協力事業を展開。環境保全活動に関しては30ヵ国以上でこれまでに1万7千ha以上の植林を実施。
―――――――――――――――――――――――――
主な活動実績(国内)
国内3研修センターにおいてこれまでに約5千名の青年を海外から招聘し農業や食品加工などの研修事業を実施。また、「富士山の森づくり」をはじめとする緑化や森林保全活動などにも取り組み、企業との協働活動を推進してきた。

登録団体からのお知らせ


7月25日(土)~8月1日(土)フィリピン植林フォーラム21th(関空発着)

今年で21回目を迎えた大阪発着の“フィリピン植林フォーラム”。
植林だけではなく、オイスカ・アブラ研修センターでの宿泊に加え、
ホームステイも体験する現地の生活をたっぷり味わえるプログラムです。

日程:2015年7月25日(土)~8月1日(土) 8日間
*マングローブ植林 *アブラ州知事表敬訪問 *「子供の森」計画実施校訪問 *現地の人達との交流会など
出発・到着:関西空港
代金:¥185,000(一般)、¥175,000(学生) 旅行参加資格は高校生(15歳)以上
申込〆切:2015年6月19日

【旅行に関する申込・お問合せ】
株式会社ヒットカンパニーリミッテット 神戸本社営業所
TEL 078-392-2151 FAX 078-331-1299
[担 当] 山﨑 聰 [E-MAIL] s-yamasaki@e-hit.co.jp

主催:(株)ヒットカンパニーリミッテット
共催:(公財)オイスカ 関西研修センター

申込書・詳細はコチラ(PDF1.01MB)

kansai

プレスリリース


掲載したプレスリリースはありません。
▲ページの上部へ移動

求人情報


掲載した求人情報はありません。

研修・セミナー情報


掲載した研修・セミナー情報はありません。


Copyright © Japan International Cooperation Agency