PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト

団体情報

団体名 一般財団法人日本国際飢餓対策機構(Japan International Food of the Hungry)
URL http://www.jifh.org/
団体種別 国際協力実施団体
所在地 大阪府
設立年月 1981/5
設立目的 日本国際飢餓対策機構(Japan International Food for the Hungry:略してJIFH)は、イエス・キリストの精神に基づいて活動する非営利の民間海外協力団体(NGO)です。1981年に誕生して以来、世界の貧困・飢餓問題の解決のために、自立開発協力、教育支援、緊急援助、人財育成、海外スタッフ派遣、飢餓啓発などに活動を広げてきました。現在は、国際飢餓対策機構連合(Food for the Hungry International Federation)の一員として、20ヶ国60の海外パートナーとともに、アジア、アフリカ、中南米の開発途上国で、「こころとからだの飢餓」に応える働きをしています。
活動分野 貧困削減; 教育; 水資源・防災; 農業開発/農村開発; 平和構築
主な活動内容・実績 主な活動実績(海外)
ボリビア、ルワンダ、ウガンダ、南スーダン、ニジェール、ケニア、ザンビア、ジンバブエ、エチオピア、モザンピーク、ニジェール、マリ、コンゴ、インド、バングラデシュ、マレーシア、カンボジア、フィリピン、パキスタン
世界里親会
バングラデシュ、カンボジア、フィリピン、ウガンダ、ルワンダ、ボリビア
アジア
ハガル子ども教育センター豆乳支援(カンボジア)、アシシ障がい児支援スクール支援・ナブ・ビカス地域変革プログラム支援(インド)、ハンズ・オブ・ラブ支援・ネグロス島地震支援・物資支援(フィリピン)、テンギラン・ビジョンスクール支援(マレーシア)
アフリカ
アガペホスピタルミニストリー・医療品支援(ウガンダ)、小規模有志と収入向上プロジェクト(エチオピア)、青少年育成・平和構築プロジェクト(ルワンダ)、ルンベック給食支援・教師育成(南スーダン)、シープケアセンター給食支援・車両支援・コイノニア・エデュケーション・センター給食支援(ケニア)、モリンガプロジェクト・貧困家庭児童就学援助と収入向上プログラム(ザンビア)、AIDS孤児への給食支援(ジンバブエ)、郵送費(モザンピーク)、ニジェール食料支援、ソマリア緊急援助、
南アメリカ
ラクヨ寄宿舎整備・農業指導(ボリビア)
海外緊急援助
アフガニスタン医療品支援、タイ洪水支援

―――――――――――――――――――――――――
主な活動実績(国内)
東日本大震災救援、阪神・淡路大震災救援など

登録団体からのお知らせ


掲載中のお知らせはありません。

プレスリリース


掲載したプレスリリースはありません。
▲ページの上部へ移動

求人情報


掲載した求人情報はありません。

研修・セミナー情報


掲載した研修・セミナー情報はありません。


Copyright © Japan International Cooperation Agency