PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト

団体情報

団体名 特定非営利活動法人レインボーチルドレン
URL http://rainbowchildren.holy.jp/
団体種別 NPO/NGO
所在地 奈良県
設立年月 2013/4
設立目的 レインボーチルドレンは、アジアを中心に高等教育を通じた未来のリーダー育成に取り組む国際協力NPOです。

現在インド・ネパールでの活動をメインに、3つのプロジェクトに取り組んでいます。

第1プロジェクト 「チベットプロジェクト~難民から大学進学のための奨学金運営」
インドの中のチベット、チベット難民の子どもたち50名が、現在インドの大学で学んでいます。2017年には100名在学を達成する計画です。

第2プロジェクト 「スラムプロジェクト~スラムの子どもたちへの教育支援」
インドの首都デリー最大のスラムにある、グジャラティスクールへの経営支援の経験を通じて、スラムの子どもたちやストリートチルドレンの子どもたちへの教育支援に取り組んでいます。

第3プロジェクト「ネパールプロジェクト~被災難民キャンプのリーダー育成」
カトマンズ・ジャワラケルキャンプにて、若い世代との復興プロジェクトを通して、未来のリーダー育成に取り組んでいます。
活動分野 自然環境保全; 貧困削減; 教育; 水資源・防災; 平和構築
主な活動内容・実績 主な活動実績(海外)
インド、ネパール
レインボーチルドレン奨学金事業
2015年度50名(インドの大学)
2016年度75名予定

―――――――――――――――――――――――――
主な活動実績(国内)

登録団体からのお知らせ


 

緊急募集!インドルピー旧紙幣 〜 紙くずと化した紙幣が、若者たちの未来へ!

ルピー緊急募集
 

インドのモディ首相は10月8日夜テレビ演説を行い、現在流通している紙幣のうち最高額の1000ルピー札と2番目に高額の500ルピー札の2種類を、現地時間の9日午前0時で廃止すると発表しました。
新紙幣との交換期間は12月30日までとされています。

インド紙幣はインドの銀行でしか換金できません。
12月30日までに換金できなければ、これらの旧高額紙幣は紙くず同然と化すことになります。

<参考ニューストピック>

これを受けてレインボーチルドレンでは、日本国内にある旧高額紙幣を緊急募集することを決定しました。
皆様から集まったお金は、寄附金としてレインボーチルドレンが取り組む インド国内での教育支援に充てさせていただきます。

間もなく価値が無くなってしまう紙幣なら、若者たちの未来のために託してみませんか?

mihon-min

■募集するもの:
インド旧紙幣 1000ルピー・500ルピー

■募集期間:
2016年12月4日(必着)

■レインボーチルドレンへの送金方法:

(1)郵送での方法
普通郵便(補償なし)または簡易書留(送料+310円で5万円までの補償あり)で送れます。
〒630-0226 奈良県生駒市小平尾町107-24
特定非営利活動法人レインボーチルドレンジャパン
info@rainbowchildren.holy.jp
TEL 0745-45-5220

(2)直接持ち込む方法
12月4日、大阪にてレインボーチルドレン主催のイベント「Namaste X’mas」を開催します。イベントに直接お持ちください。namaste-min
イベント詳細: http://rainbowchildren.holy.jp/archives/12175

※お断り
現在インド経済は混乱しています。今後インドの情勢がどう変化するかは当団体でも予測ができません。
いったんお預かりした紙幣はいかなる場合も返金いたしかねますので、ご了承くださいませ。

※同時に他の小額紙幣も受け付けます。100,50,20,10,5ルピー札も同封or持参下さいましたら、有り難く寄付として受け取らせていただきます。


20161001_153133
デリー最大のスラムにあるWahoe Communeスクール

インドでは、【教育費が無料】なはずなのに学校に行けない子どもたちがたくさんいます。その理由は、【制服代・文房具代が払えない】からです。

  • 制服代 約2000ルピー
  • 文房具代 約1500ルピー

これだけあれば、10年間の義務教育を受けれることができるのです。学校へ通えない子どもが多くいるスラム在住の大人の平均月収は約8000ルピー(首都デリー)です。あなたが持っているルピー紙幣の価値は決して小さくありません。

そのルピーをインドの子どもたちの未来へ託しませんか?


 

プレスリリース

▲ページの上部へ移動

求人情報


掲載した求人情報はありません。

研修・セミナー情報


掲載した研修・セミナー情報はありません。


Copyright © Japan International Cooperation Agency