PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト

団体情報

団体名 特定非営利活動法人レインボーチルドレン
URL http://rainbowchildren.holy.jp/
団体種別 NPO/NGO
所在地 奈良県
設立年月 2013/4
設立目的 レインボーチルドレンは、インド・チベットの若者から未来のリーダーを育てる奨学金を運営するNGOです。
現在インドにおいて2つのメインプロジェクトに取り組んでいます。

第1プロジェクト 「チベットプロジェクト~難民から大学進学のための奨学金運営」
インドの中のチベット、チベット難民の子どもたち100名が、現在インドの大学で学んでいます。

第2プロジェクト 「スラムプロジェクト~スラムの子どもたちへの教育支援」
インドの首都デリー最大のスラムにある、グジャラティスクールへの経営支援の経験を通じて、スラムの子どもたちやストリートチルドレンの子どもたちへの教育支援に取り組んでいます。
活動分野 自然環境保全; 貧困削減; 教育; 水資源・防災; 平和構築
主な活動内容・実績 主な活動実績(海外)
インド、ネパール
レインボーチルドレン奨学金事業(インドの大学・大学院)
2015年度50名
2016年度66名
2017年度100名

―――――――――――――――――――――――――
主な活動実績(国内)

登録団体からのお知らせ


※締め切りまであと5日

【関西以外学生対象】日本チベット学生会議参加学生10名募集!

http://rainbowchildren.holy.jp/archives/14536

関東学生募集画像
 

「どの国の若者も、自由に世界へと羽ばたき、世界を知ることができる。」

そんな当たり前のような権利があるはずです。インドで生まれ国籍をもたないチベット難民の学生がそれを率先して証明していく。

今回のクラウドファンディングで、国境を超えることのできないチベット学生と日本学生の交流を実現し、異文化を知った有能な学生を一人でも多く世界へ輩出していく。大きな課題解決のためのはじめの一歩としたいと思います。

 

今、チベットの学生は自由に国境を超えるこができない環境で生活をしています。

その学生たちとの国際交流を実現するため、2018年春、インドにてチベット人奨学生100名と日本人学生20名で行う「日本チベット学生会議」を開催します。日本の学生がタッグを組み、チベットの学生が世界に羽ばたくたく第一歩となる架け橋を作るのです。

それは、難民という環境で生きる彼らの”もっと世界を見たい、知りたい、学びたい”という真っ直ぐな願いに応えることができる唯一の可能性、つまり、未来へ踏み出すためのパスポートとなるのです。

既に9月の募集で集められ、年内3回の研修を終えてワークショップの設計に取り組んでいる関西学生と一緒に、初となる日本チベット学生会議に挑戦しませんか?

 

■日本チベット学生会議概要

期日:2018年3月11日(インド北部サラ大学)および18日(インド首都デリー)

対象:レインボーチルドレン奨学生100名(在印チベット難民大学生)および日本人大学生20名

主催:特定非営利活動法人レインボーチルドレン

協力:Edu×らぼ

後援:中央チベット政権(CTA:チベット亡命政府)教育省


詳細は公式募集ページをご覧ください。
http://rainbowchildren.holy.jp/archives/14536

プレスリリース

▲ページの上部へ移動

求人情報


掲載した求人情報はありません。

研修・セミナー情報


掲載した研修・セミナー情報はありません。


Copyright © Japan International Cooperation Agency