PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト

団体情報

団体名 Save the Asian Monuments
URL http://www.npo-sam.org
団体種別 NPO/NGO
所在地 千葉県
設立年月 2012/10
設立目的 アジアの遺跡、文化、博物館を支援呼びかけを目的とする国際協力NPO.
活動分野 援助アプローチ/戦略/手法; 教育; 都市開発・地域開発; 農業開発/農村開発; 平和構築
主な活動内容・実績 主な活動実績(海外)
アジア全域
アフガニスタン、イラク、トルコの遺跡調査。パレスチナスタディツアー。サウジアラビア刀剣披露。
―――――――――――――――――――――――――
主な活動実績(国内)
年二回行われる文化遺産破壊フォーラム。イラク、パレスチナ写真展。マレーシア高校生の岩手県スタディツアー。

登録団体からのお知らせ


12月17日 国士舘大学世田谷梅が丘校舎34号館3階A310 教室にて開催する第三回アジアの文化危機シンポジウム参加の募集

資源外交と人道支援だけが国際支援ではありません。セイブジアジアンモニュメンツ(NPO 法人S.A.M)は、アジアの文化遺産、博物館、遺跡を守るため、アフガニスタンの遺跡調査、イラクやパレスチナの写真展、イラク人とヨルダン人漫画クラブのコミケットサミット2015紹介、インド・ガンジー博物館案内書の翻訳、エルサレム・イスタンブールスタディツアー、サウジアラビアにて日本の刀剣紹介、スリランカの世界遺産大清掃、マレーシア修学旅行生東北被災地学生交流、ヨルダン科学技術大のジャパンデー2016協力を行いました。アジアはインドネシアからトルコまで仏教、キリスト教、イスラム教徒、そしてユダヤ教徒等がお互いの文化を尊重し合い共存しています。ところが、政治的・経済的理由から生じた紛争、自然破壊等によって、危機に瀕している文化がみられます。そのような中にあって、今回はヨルダンのウンムカイス遺跡の発掘を手がけておられた国士舘大学の松本健教授にお願いしてお話ししていただくことにいたしました。この機会に貴重なお話しを伺い、疑問や質問をぶつけてみませんか。皆様のご参加をお待ちしています。

タイトル ヨルダンの遺跡と文化について ?ウンムカイスの遺跡を中心として?

日時 2016年12月17日 (土) 15:00-17:00

内容 専門家によるアジア文化危機のスピーチと質疑討論
   ※現在予定している専門家は、松本健氏(国士舘大学イラク古代文化研究所)、仙波浩一氏(HIS)

会場 国士舘大学世田谷梅が丘校舎(34号館、展示室向かい)3階A310教室
   〒154-8515 東京都世田谷区世田谷4-28-1

アクセス 
   小田急梅ヶ丘駅下車 徒歩10分
   東急世田谷線松陰神社前駅または世田谷駅下車、徒歩6分

入場料 チップ制

詳しい内容の問い合わせ
 セイブジアジアンモニュメンツ(NPO法人 S.A.M)
 副理事長 中山信一
 〒266-0032 千葉市緑区おゆみ野中央3-1-2 D-307
 Tel/Fax:043-292-0861 携帯番号:080-5475-5841
 E-mail: nkym041@gmail.com

第3回 アジアの文化危機フォーラム
主催団体セイブジアジアンモニュメンツ(NPO法人 S.A.M)
日時・期間2016年12月17日 (土) 15:00-17:00
会場国士舘大学世田谷梅が丘校舎34号館3階A310 教室
会場の最寄り駅小田急梅ヶ丘駅下車 徒歩10分    東急世田谷線松陰神社前駅または世田谷駅下車、徒歩6分
定員20
参加費チップ制
お問い合わせ先
団体名セイブジアジアンモニュメンツ(NPO法人 S.A.M) 理事長 中山信一 〒266-0032 千葉市緑区おゆみ野中央3-1-2 D-307 Tel/Fax:043-292-0861 携帯番号:080-5475-5841 E-mail: nkym041@gmail.com

プレスリリース


掲載したプレスリリースはありません。
▲ページの上部へ移動

求人情報


掲載した求人情報はありません。

研修・セミナー情報


掲載した研修・セミナー情報はありません。


Copyright © Japan International Cooperation Agency