PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト

団体情報

団体名 The Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria
URL http://www.theglobalfund.org
団体種別 国際機関
所在地 海外
設立年月 2002/1
設立目的 三大感染症といわれるエイズ、結核、マラリアは、世界で年間300万人以上もの命を奪い、貧しい国の発展を妨げる重大な要因となっています。グローバルファンドは、中低所得国のこれら三疾病対策のために資金を提供する機関として、2002年1月にスイスに設立されました。G7を初めとする各国の政府や民間財団、企業など、国際社会から大規模な資金を調達し、中低所得国が自ら行う三疾病の予防、治療、感染者支援、保健システム強化に資金を提供しています。支援の対象は、100以上の国・地域にのぼります。

グローバルファンドは、国連システム内に新たに作られた基金ではなく、また個人や企業の出捐による民間財団でもなく、官民パートナーシップにより成り立っていることが特徴です。援助国だけではなく、援助を受け入れる国、企業や民間財団、先進国と途上国のNGO、感染症に苦しむ当事者のグループ、学界、国際機関など多くの組織・人々の協力のもとに運営され、二国間援助機関や国連機関などの感染症対策と補完しながら、連携・協力も行っています。

2000年のG8九州沖縄サミットで、議長国日本が感染症対策を主要課題として取り上げ、追加的資金調達と国際的なパートナーシップの必要性についてG8諸国が確認したことが、グローバルファンド設立の発端となりました。このことから、日本はグローバルファンドの「生みの親」のひとつとも言われています。
活動分野 援助アプローチ/戦略/手法; ジェンダーと開発; 保健医療; 市民参加; 評価
主な活動内容・実績 主な活動実績(海外)
中低所得国100以上の国
グローバルファンドが支援するプログラムにより、主な指標において次のような成果が生まれています。(2002年の設立以降2015年12月までの全世界における成果)
エイズ:
抗レトロウィルス治療を受けているHIV感染者の数: 922万人(昨年同期比14.5%増)
母子感染予防のための治療を受けたHIV陽性の妊婦の数:360万人
HIV検査を受けた人の数:5億900万人
支援を受けたエイズ遺児の数:786万人

結核:
新規に発見され治療を受けた結核患者の数: 1510万人(昨年同期比15%増)
多剤耐性結核の治療を受けた結核患者の数:26万7000人

マラリア:
マラリア予防のために配布された殺虫剤処理蚊帳の数:6億5900万張(昨年同期比20.2%増)
治療を受けたマラリア患者の数:5億8200万人
マラリア予防のための室内残留性スプレー散布件数:6390万建造物

―――――――――――――――――――――――――
主な活動実績(国内)

登録団体からのお知らせ


グローバルファンド・キャリアセミナー及び個別面談(締切12月6日)の案内 (東京)
21世紀型パートナーシップの国際機関で働く

主 催:    グローバルファンド (世界エイズ・結核・マラリア対策基金)、外務省
協 力:    (公財) 日本国際交流センター/グローバルファンド日本委員会 (FGFJ)

キャリアセミナー2016年12月19日(月)18:30-20:30  会場:泉ガーデン コンファレンスセンター 
個別面談: 12月19日(月)& 20日(火) 場所:外務省内

グローバルファンド(世界エイズ・結核・マラリア対策基金)は、世界の三大感染症-エイズ・結核・マラリア-の流行を終息させるために資金を提供する官民パートナーシップの国際機関です。

グローバルファンドへの就職を希望する日本人向けに、東京でキャリアセミナーと個別面談を実施いたします。グローバルファンド事務局(ジュネーブ)からパトリック・二コリエ人事部長と高山眞木子ドナーリレーションズ担当官が来日し、セミナーではグローバルファンドの概要、採用の仕組みや業務について具体的に説明するとともに、別途、就職希望者あるいはインターンシップ希望者と個別面談を行います。

革新的な21世紀型官民パートナーシップ機関で活躍されたいと思う方、国際貢献に関心のある方は、この機会に是非ご参加ください。

【セミナープログラム
18:30-18:40   開会挨拶     
森 美樹夫 外務省 国際協力局地球規模課題担当審議官、グローバルファンド理事会日本政府代表理事

18:40-19:30   グローバルファンドプレゼンテーション​    
グローバルファンドの概要と望ましい人材      パトリック・二コリエ    グローバルファンド人事部長 
グローバルファンドで働く     高山 眞木子     グローバルファンド渉外局 ドナーリレーションズ担当官

19:30-20:00   グローバルファンドの魅力とは
モデレーター
伊藤 聡子 (公財) 日本国際交流センター 執行理事 チーフ・プログラムオフィサー、グローバルファンド日本委員会事務局長
パネル
稲場 雅紀   特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 国際保健部門ディレクター
金田 晃一  ANAホールディングス株式会社 コーポレートブランド・CSR推進部 グローバルCSRヘッド 
山本 尚子   厚生労働省 大臣官房審議官

20:00-20:30   質疑応答

会 場:    泉ガーデン コンファレンスセンター Room 1
 (東京都港区六本木1-6-1泉ガーデンタワー7階 南北線六本木1丁目駅直結アクセス) http://www.bellesalle.co.jp/room/izumig_cc/access.html
言 語:    日本語・英語 (通訳はつきません)
申 込: 参加を希望される方は、12月16日(金)までにこちらから事前にお申込みください。       https://pro.form-mailer.jp/fms/cc4a387f112066     
定 員:    100名 (ただし、定員に達し次第締め切ります)

【対象】
  • 公衆衛生、公共政策、開発学、国際協力などの分野での実務経験を有する人。
  • 国際機関、国際NGO、大学、研究機関、コンサルタント会社、IT関連企業、金融機関、PR企業、物流関連企業、医薬関連企業等での実務経験を有する人。
  • 国際保健、国際協力、国際機関での勤務に関心がある学部生・大学院生。

グローバルファンド個別面談の案内 (締切 12月 6日) 】
グローバルファンドのパトリック・二コリエ人事部長と高山眞木子ドナーリレーションズ担当官が、職員空席ポスト、大学生・大学院生のインターンシップの双方に関して日本人を対象とした個別面談を行います。12 月6日 (火) までに以下の必要情報に英文履歴書を添えてお申し込みください。書類選考を通過した方のみを対象に面談が行われます。
なお、この個別面談は、特定のポストへの採用・インターンシップを約束するものではありません。グローバルファンドへの就職には、別途正式な応募及び採用プロセスを経る必要があります。

【日時・場所】
2016年  12月19日(月)10時~15時 
2016年  12月20日(火)10時~12時、14時~18時 (場所:外務省内)

【個別面談の申し込みと締め切り】
個別面談ご希望の方は、メール文に、名前・ 職業・電話番号・Email アドレスを英語で明記した上、英文の履歴書を添付して、careers@theglobalfund.orgに送ってください。12 月6日 (火) 17時00分(日本時間)が締め切りです。お申込みいただいた方全員に12月9日 (金) までに書類選考の結果と、選考を通過された方には個別面談の日時をEmailで連絡します。

【グローバルファンドとは】
グローバルファンドは、世界の三大感染症―エイズ・結核・マラリア―の流行を終息させるために設立された国際機関です。政府、市民社会、民間セクター、感染症当事者コミュニティによって成り立つグローバルファンドは、21世紀型の新しい官民パートナーシップであり、国際社会から毎年約40億米ドルを集め、世界の低・中所得国約100カ国が自ら行う三大感染症対策事業に資金を供与しています。
日本が議長国を務めた2000年のG8九州・沖縄サミットにおいて、国際社会の脅威となる感染症が主要議題として取り上げられ感染症対策に対する追加的資金の必要性を先進主要国首脳が確認したことの成果として、2002年にグローバルファンドがスイス・ジュネーブに設立されました。
グローバルファンドの主な業務は、資金調達、国別支援グラントの管理、パートナーとの連携、成果のモニタリング及び評価、進捗状況のドナーへの報告です。職種は多岐にわたっており、グラント管理、戦略成果評価分析など国際保健分野の仕事に加え、会計、財務、法務、IT、人事、広報、資金調達など、企業や財団など他の機関などと共通する職種が含まれます。グローバルファンド事務局は、低中所得国の多くの人々の命を救うという共通ミッション持った100ヶ国以上出身のスタッフたちとともに国際貢献できる職場です。
The Global Fund      http://www.theglobalfund.org/en/
グローバルファンド日本委員会      http://fgfj.jcie.or.jp/
グローバルファンドでは、英語で職務遂行が可能で、政府または民間セクターである程度の職務経験を有し、即戦力となる人材を求めています。また、事務局内の特定のニーズに応じて、大学生・大学院生のインターンを適宜募集しています。空席ポストのEメールを自動通知で受信ご希望の方は、グローバルファンドのキャリアセクションの以下から登録してください。
http://www.theglobalfund.org/en/careers/
 

プレスリリース


掲載したプレスリリースはありません。
▲ページの上部へ移動

求人情報


掲載した求人情報はありません。

研修・セミナー情報


掲載した研修・セミナー情報はありません。


Copyright © Japan International Cooperation Agency