PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト


環境保全活動・国際事業コーディネーター(国際事業等担当職員【正職員登用制度あり】【海外出張あり】) ※国内外での環境教育・環境保全活動推進のための取組みを推進するコーディネーター
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会

条件の近い案件はこちら

職務内容

勤務形態 契約 
募集分野 環境管理; 自然環境保全; 教育; 市民参加; 多岐にわたる分野 
業務内容

国内外での環境教育・環境保全活動推進のための取組みを推進する業務,及び,当協会が指定管理業務を行う京都市環境保全活動センター(京エコロジーセンター)の業務。

【国際協力業務】
JICA(国際協力機構)より受託している業務や,当協会独自の環境教育・環境保全活動・環境管理等に関する以下の業務を行います。
・研修の企画,海外研修員の受け入れ・コーディネート業務(国内出張有り)
・海外での環境教育・環境保全活動推進のための支援・連携業務(数週間から数か月の海外出張有り/現在,マレーシア及び中国への専門家派遣を実施中)
・新規国際協力事業の開拓,プロジェクト化
・ファンドレイジング,広報業務,各種国際協力団体とのネットワーク形成
(イベントやシンポジウムの企画,企画展示,ブース出展,学会発表等を含む)

【京都市環境保全活動センター(京エコロジーセンター)業務】
京都市の環境学習・環境保全活動の拠点施設である京都市環境保全活動センターの業務として,以下の業務を行います。
・来館者対応,展示物を活用したインタープリテーション業務
・環境教育・環境保全活動の推進にかかるコーディネート業務
・環境教育プログラム,環境啓発イベント,企画展示等の企画・運営業務
・環境ボランティアのコーディネート業務
・地域コミュニティやNGO等環境団体の活動支援,人材育成業務

【その他,協会の実施する業務】
上記業務以外に,組織全体にかかわる業務や,当協会のミッションを果たすために必要と考えられる業務を担っていただくことがあります。

*「国際協力業務」と「京都市環境保全活動センター業務」の従事割合はこれまでの各分野での経験年数やスキル等によって調整します(国際協力の経験は豊富だが,環境教育に関する経験が全くない場合,最初は「京都市環境保全活動センター業務」の従事割合を増やす等)。また,各業務の繁忙期等によっても従事割合は変動します。

 
京都府マレーシア中国,他  
2017/04/上旬  
※試用期間 6か月
※契約期間 平成29年4月1日 から平成30年3月31日まで(更新及び常勤職員(無期/正職員)への登用制度あり)
※試用期間の勤務状態,及び人事評価の結果により,常勤職員【無期】として採用する場合がある。(正職員登用制度あり)
※就業開始日については,相談の上,調整することができる。
 
職種 その他 

応募条件等

必要な語学力 英語 
英語及び日本語の両方で,業務が円滑に行えること。
(英語を使った業務経験があることが望ましい。)
英語以外の言語(中国語,マレー語他)の能力があるとなお良い。
 
必要な学位  
必要な技術資格  
*プロジェクト・サイクル・マネジメント(PCM)/プロジェクト・マネジメントに関する資格,ボランティアコーディネーション力検定2級以上,認定(准認定)ファンドレイザー,学芸員,環境教育に関する資格等,業務上有用な資格を所有している方は選考時に評価します。(履歴書に明記してください。)
*英語(必須)及び英語以外の言語(中国語,マレー語他)の能力についても選考時に評価します。留学経験,資格等を所有している場合は履歴書に明記してください。
 
類似業務経験年数 英語を使った業務経験があることが望ましい。
基本的な事務作業等の業務経験があることが望ましい。
 
不問(参考:当協会事業部事業第1課職員の平均年齢は30代前半) 
青年海外協力隊経験 不問 
その他必要な業務経験・能力
下記のような方を求めます。
1.当協会のミッションに共感し,熱意をもって業務に取り組める方
2.英語及び日本語の両方で,業務が円滑に行える方
3.企画提案力,コミュニケーション力,コーディネーション力に優れた方
(自ら考え,提案できる方/主体的に行動できる方)
4.持続可能なまちづくり,環境保全活動支援,環境教育等への強い意欲のある方
5.国際協力の経験(ボランティア・インターン等の形態,国内外は問わない)があるか,または国際協力への強い意欲のある方
6.Word,Excel,Power point等のソフトや,インターネット・Eメール等の基本的なパソコンの操作ができる方
 
待遇
【雇用形態】
常勤職員(有期) *更新及び常勤(無期)への登用制度あり
※試用期間の勤務状態,及び人事評価の結果により,常勤職員(無期)として採用する場合がある。
 (正職員への登用制度あり

【給与等】
給 与  基本給167,700円+地域手当16,770円=184,470円
 *常勤職員(無期)には昇給規定あり
 *常勤職員(無期)登用時に,これまでの経験等を基本給に反映する場合があります
  参考:採用初年度中に常勤職員(無期)登用の場合,翌年度からの給与は基本給175,000円+地域手当17,500円=192,500円+経験等考慮
諸手当:住居手当,通勤手当,時間外勤務手当,賞与(平成27年度実績2.15カ月分)

【勤務日等】
ア 勤務日   木曜日及び年末年始以外の日(木曜出勤を命ずる場合があります。)
イ 勤務時間 シフト制
①8時45分~17時30分
②12時30分~21時15分(月数回)
(実働7時間45分/日,残業を命ずる場合があります。)
ウ 勤務場所 公益財団法人京都市環境保全活動推進協会 事業部事業第1課
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13
京都市環境保全活動センター(京エコロジーセンター)内
エ 休  日    週休2日,夏季休暇,年末年始(12月29日~1月3日)
 ※平成27年度年間休日128日
オ 有給休暇 初年度は16日
 *就業開始日を変更した場合の平成28年度の有給休暇は,当協会の規定によります。
 
 
給与レンジ(月額)   
福利厚生 昇格あり; 賞与あり; 交通費支給; 時間外手当支給; 完全週休2日制; 各種社会保険完備; 社宅・家賃補助制度; 資格取得支援制度 
健康保険,厚生年金保険,雇用保険,労災保険の加入及び定期健康診断の実施 
特徴(難易度)   
募集人数 若干名 
2017/03/012017/03/15  

応募方法

応募方法
以下の書類による選考を行います。(応募書類)

ア 学歴及び職務履歴が明記された履歴書(書式自由・顔写真添付のこと)
 ※語学能力を証明する資格を有している場合は,必ず履歴書に記載の上,証明書のコピーを同封して下さい。
 ※海外での勤務経験,留学経験等を有する場合は,必ず記載して下さい。

イ 自己PR及び当協会での業務(主に環境保全活動への市民参加の促進や環境教育の分野での国際協力)に関する抱負と意気込み(書式自由/2,000字程度)

 
【応募書類の提出先】
〒612-0031 京都市伏見区深草池ノ内町13 京都市環境保全活動センター内
公益財団法人京都市環境保全活動推進協会 国際事業採用担当者宛
担当:新堀(しんぼり),網谷(あみたに)
TEL:075-641-0911 FAX:075-641-0912

※応募締め切りは、2017年3月15日(水)17:00(午後5時)までです。(郵送の場合3月15日午後5時必着)

※書類審査による合格者を,2017年3月20日(月・祝)のグループワーク及び個人面談等で選考します。
 
※国際協力人材限定機能です。(国際協力人材登録はこちら
応募時の注意事項
※応募締め切りは、2017年3月15日(水)17:00(午後5時)までです。(郵送の場合3月15日午後5時必着)

※書類審査による合格者のグループワーク及び個人面談等最終選考を,2017年3月20日(月・祝)に実施します。

※下記に該当される方は応募いただけません。
 ア 成年被後見人又は被保佐人
 イ 禁固以上の刑に処せられ,その執行を終えるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
 
 
ホームページアドレス https://keaa.or.jp/ 

問い合わせ先

担当部課 事業部事業第1課 
担当者氏名 新堀春輔 
電話番号 075-641-0911 
FAX番号 075-641-0912 
Emailアドレス shinbori@miyako-eco.jp 
担当者からの一言
京都を中心に環境教育や環境保全活動の推進のための人材育成・活動支援・コーディネート等を行っている当協会では、近年そのノウハウを海外にも広げ、活かしていく事業を展開しています。
京都議定書のまち京都から、環境教育や環境保全活動の推進、持続可能なまちづくりのノウハウを世界に広げていく事業に、一緒に取り組む熱意のある仲間をお待ちしています。
 
参考画像
ユーザが追加した画像
● マレーシアでProblem Based Learning に基づいた環境教育プログラムを実施しているセカンダリースクールにて


ユーザが追加した画像
●マレーシアの小学校での環境教育プログラム実施の様子


ユーザが追加した画像
●マレーシアでの低炭素社会づくりに向けた教育とコミュニティ支援のプロジェクト関係者との打ち合わせの様子


ユーザが追加した画像
●中国での環境教育に関する教育関係者向けセミナーの様子


ユーザが追加した画像
● JICA課題別研修での課題分析ワークショップの様子


ユーザが追加した画像
●課題別研修の研修員と


ユーザが追加した画像
●JICA研修員と協会職員(京エコロジーセンター事務所にて)
 

団体情報

公益財団法人京都市環境保全活動推進協会  
設立年月 20012  
設立目的 本法人は、持続可能な社会、すなわち低炭素社会・循環型社会・自然共生社会を実現するため、市民・事業者・行政・教育機関と連携を強め、広く環境保全活動を推進することにより、環境に配慮した市民の自主的な行動による地域社会づくりに寄与することを目的に設立され、下記の事業を行う。
(1) 環境意識の普及、啓発に関する事業
(2) 環境情報の発信事業
(3) 環境保全に関する調査、研究に関する事業
(4) 環境教育及び人材育成に関する事業
(5) 環境保全のための市民、事業者等との連携、支援に関する事業
(6) 環境意識の向上のための国際的な連携、支援に関する事業
(7) 環境保全活動に関する施設の管理運営
(8) その他、この法人の公益目的を達成するために必要な事業
 
活動対象分野 環境管理; 自然環境保全; 教育; 市民参加  
活動実績(海外) 中国・北京市の日中友好環境保全センター内の環境学習施設開設に向けたアドバイス、ボランティアスタッフ及び職員の研修、地方行政の環境教育担当者やNGOスタッフ向けのセミナー(地方都市で開催)での講師などを担当(短期専門家派遣)。
2016年より、マレーシア・イスカンダル開発地域における低炭素社会実現に向けた「人・コミュニティ」づくりのプロジェクトを実施(低炭素社会に向けた環境教育と地域コミュニティでの環境活動支援を軸としたプロジェクト/JICA草の根技術協力事業として実施)。
 
活動実績(国内) JICA 国別研修「中国・環境教育(2011~2013年度)」「中国(環境意識、家庭エコ診断)(2016年度)」、課題別研修「廃棄物管理能力向上(応用、計画・政策編)(2014年度~)」、日系研修「(都市型)環境教育指導者」の受託。
京都市の環境教育施設「京都市環境保全活動センター(京エコロジーセンター)」の指定管理業務(2002年~現在)。環境学習支援、地域コミュニティや環境団体の活動支援、環境ボランティア養成・支援等を実施。
 
612-0031
京都府京都市伏見区深草池ノ内町13  
ホームページアドレス http://keaa.or.jp/  

条件が近い案件


Copyright © Japan International Cooperation Agency