PARTNER 国際協力キャリア総合情報サイト


[タンザニアオフィス業務改革担当] アフリカに飛び込んで業務改革に取り組むチームメンバー募集!
株式会社Digital Grid

条件の近い案件はこちら

職務内容

勤務形態 正職員 
募集分野 援助アプローチ/戦略/手法; 貧困削減; 都市開発・地域開発; 民間セクター開発; 資源・エネルギー; 一般事務・経理; 多岐にわたる分野 
業務内容
2015年1月にスタートしたタンザニアでのWASSHAビジネス(http://wassha.com/)は、2年間でタンザニア全国に広がり、800店舗を通じて、100万人の顧客にリーチするようになりました。そして、2018年末までに提携店舗を2,000店に拡大し、より多くのお客様にサービスを届ける計画を進めています。
しかしながら、どんどん拡大する事業を支えるバックオフィスがまだまだ整備できていません。
会計、在庫管理、調達、人事、、、タンザニアのメンバーが頑張ってくれていますが、まだ十分とは言えず、一緒にタンザニアオフィスの業務改善・業務改革を進めてくれるメンバーを募集します。
経験は不問です。
入社してからも色々と勉強しながら、タンザニアのメンバーと協力して事業拡大を支えていく覚悟がある方が来てくれたら嬉しいです!

【勤務地】
タンザニアオフィス(ダルエスサラーム)

【業務内容】
・タンザニアオフィスの業務改善(特に、会計、在庫管理、調達業務の改善が急務です)
具体的には、タンザニアのバックオフィス担当メンバーと協力しながら、現状の課題を洗い出し、あるべき像を定義し、実行を徹底していっていただきます。
 
 タンザニア  
2017/10/上旬  
採用決定後~ 
職種   

応募条件等

必要な語学力 日本語 
英語 
必要な学位  
必要な技術資格  
 
類似業務経験年数  
20代・30代 
青年海外協力隊経験   
学生歓迎   
その他必要な業務経験・能力
【あったら嬉しい経験/スキル/知識】
・会計の基礎知識(簿記2級レベル)
・在庫管理の経験
・調達業務の経験
・工場等でのカイゼン、5Sなどの業務改善実施経験
・コンサルティングファームでの業務改善プロジェクト経験
・英語(アフリカの現地スタッフとのコミュニケーションに支障がないレベル)

【求める人材像】
・アフリカでの仕事に情熱をもって取り組める人
・人と話すのが好きな人
・誰に対しても自分の意見をはっきり言える人
・危機的な状況でも、できない理由や課題を挙げるだけでなく、どうやったら状況を打開できるか次のアクションを冷静に考えられる人
・途上国の人々を見下さず、対等に仲間として扱い、チームで仕事が出来る人
 
待遇
勤務時間:8:00-17:00 ※タンザニア現地時刻
休日:土・日・タンザニアの祝日・年末年始
年次有給休暇:有
給与:経験を鑑み、当社の規定により待遇を決めさせていただきます
社宅:有(ダルエスサラーム)
社用車:有
社食:有
保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金加入、海外旅行保険(駐在員用)
 
給与レンジ(月額)   
福利厚生 完全週休2日制; 社宅・家賃補助制度 
 
特徴(難易度)   
募集人数 1人 
2017/07/262017/12/31  

応募方法

応募方法
件名を「応募されるポジション名/ 氏名/partner」(例: タンザニアオフィス業務改革担当/デジタルグリ男/partner)として、下記の書類をrecruit@digitalgrid.com にお送りください。
書類選考のプロセスを順次進めさせて頂きます。

―書類―
①CV(履歴書および職務経歴書)
・ご自身の経歴・実績がわかる書類であれば形式は問いません。(通常の履歴書・職務経歴書のほか、LinkedInのURL等も可。出来る限り簡潔に、ご自身のこれまでの実績や、これまでの経験を通じて獲得したスキル/ナレッジをアピールできる書類をご提出ください。)
・facebook / Twitter / InstagramなどのSNSアカウントでパブリックに発信している場合、当該URLを添付ください。(応募者の方が普段どんな事に関心をお持ちかを知りたいためです。必須ではありません。)
・必要に応じて、追加で書類の提出をお願いする場合があります。

②下記3点に関するご回答(形式自由、それぞれに見出しなどをつけてなるべく簡潔にご回答ください)
1) Digital Grid社を選んだ理由
弊社は応募者の方とのCulture fit(企業文化との相性)を重視しています。これまでどんな哲学や価値観を持って仕事に取り組まれてきたのか、その中で、なぜ弊社への転職を希望されるのかについて教えてください。
2) 貢献できる分野
CVで記載頂いたスキル・ナレッジ・経験を活かして、弊社のどのような活動に対し、どんな貢献が出来るとお考えですか。
3) 挑戦したい分野(任意)
上記2)の他に、弊社で挑戦したい事、弊社のプラットフォームを使って実現したい事があれば教えてください。(「何でもやります!」といった漠然としたものではなく、具体的にやりたいことがある場合に、その内容について記載ください。)
 
※国際協力人材限定機能です。(国際協力人材登録はこちら
応募時の注意事項
応募者より提出のあった個人情報は、当社採用活動および採用時の適切な雇用管理のために利用します。その他の目的で利用することはありません。なお、応募書類は返却いたしませんので予めご了承願います。

書類選考を通過された方から順次採用面接(複数回)を実施いたします。
面接を通過した場合は、条件交渉を経て内定となります。

※採用面接はSkypeで行う場合があります
 
ホームページアドレス http://wassha.com/ 

問い合わせ先

担当部課 Digital Grid Inc.採用チーム 
担当者氏名  
電話番号 03-5812-4040 
FAX番号 03-5812-4040 
Emailアドレス recruit@digitalgrid.com 
担当者からの一言

私たちは、アフリカの未電化地域の商店(キオスク)と連携し、再生可能エネルギーの量り売り事業”WASSHA”(スワヒリ語で「火をつける」の意)を通じて、未電化地域に電気のある生活、新しい体験を提供しています。
事業の詳細は、下記のビデオをご参照ください。
https://www.youtube.com/watch?v=U82Ncactrpw

これからはキオスクを通じて、電力サービスだけでなく、未電化地域(都会から遠く離れた地方農村部)のコミュニティの暮らしを改善するサービスも打ち出していく計画です。
現地のメンバーと一丸となって、あなたの力でアフリカを変えてみませんか?
たくさんのご応募お待ちしています!

 
参考画像
未電化地域の子供たちがWASSHAの明かりで笑顔に連携するキオスクの様子
 

団体情報

株式会社Digital Grid  
設立年月 201311  
設立目的 ◆設立目的
ー1人でも多くの人に「電気」をー
世界には、電力にアクセスできない人々が10億人以上いると言われています。
Digital Grid Inc.はアフリカの未電化地域の商店(キオスク)と連携し、再生可能エネルギーの量り売り事業”WASSHA”(スワヒリ語で「火をつける」の意)を通じて、未電化地域に電気のある生活、新しい体験を提供しています。
2013年に設立された東京大学発のスタートアップです。

◆事業内容
・ 地方電化(WASSHA)事業
再生可能エネルギーの「量り売り」サービス、および電子機器のレンタルを通じて農村地域の人々に「新しい体験」を提供する電力サービス
WASSHA事業の詳細は、下記のビデオを参照ください。
https://www.youtube.com/watch?v=U82Ncactrpw

・マーケティング&コンサルティング事業
アフリカ地域の農村地域に点在するキオスク(小売店)をネットワークし、農村の奥地にまで顧客の製品・サービスを浸透させるマーケティング・プロモーションサービス、およびその上流工程・下流工程で必要なアクションの実行を支援するコンサルティングサービス


◆メディア掲載
・日経BP ITpro (2017年5月25日)
「先進技術の引き算」が照らす、アフリカの未電化地域
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/030200062/052300009/?rt=nocnt

・日経BP Digital Transformation (前後編)
アフリカの無電化地域に電気を届ける「WASSHA」ビジネスで新風!~デジタルグリッドの挑戦(2017年5月9日)
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/DTrans/ecs/042600074/

モバイルマネーが無電化地域を救う! WASSHAビジネスの核心~デジタルグリッドの挑戦(2017年5月11日)
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/tk/DTrans/ecs/042700075/

・The Bridge (2016年6月10日)
(日本語版)日本からアフリカへ、無電化地域の人々にモバイルを活用したキオスク店舗網で電力を届ける「WASSHA」
http://thebridge.jp/2016/06/digital-grid-offers-wassha-in-africa

(英語版)How Japanese energy startup Wassha delivers prepaid solar power to rural Africa
http://thebridge.jp/en/2016/06/digital-grid-offers-wassha-in-africa
 
活動対象分野 貧困削減; 情報通信技術; 農業開発/農村開発; 民間セクター開発; 資源・エネルギー  
活動実績(海外) アフリカ各国(現在はタンザニアとセネガルの2か国)で、ローカル店舗「キオスク」と連携し、電力の量り売りを行うサービス”WASSHA"を展開しています。

◆エリア実績
タンザニア:主要都市、町、農村部など10地域でWASSHA事業を展開
(Dar_es_Salaam,Morogoro,Tanga,Mwanza,Mara,Kagera,Shinyanga,Mbeya,Rukwa,Tabora)
セネガル:7か所(試験中)

◆サービス導入実績(2017年3月時点)
上記地域におけるWASSHAサービスを導入したキオスク店舗数
タンザニア:670
セネガル:9

◆人事実績(2017年3月時点)
タンザニア支店従業員数:80名
日本役員および従業員数:日本人10名(うちタンザニア駐在3名)、セネガル人1名
 
活動実績(国内)  
110-0015
東京都台東区東上野3-15-12上野野本ビル3階  
ホームページアドレス http://wassha.com  

条件が近い案件


Copyright © Japan International Cooperation Agency