見える!あなたの国際協力キャリアマップ 「国際協力の仕事をしてみたいけれど、何から始めればいいの?」「目指す職種は決まっているけれど、どんなプロセスを経ればいいの?」そんなあなたのキャリアマップを描く手助けをするのが、この「見えキャリ」です。様々な情報を分かりやすく整理し、ご紹介します。

※所属先等はインタビュー時のものです。
国際協力の仕事についてや、自分の適性・志向について整理できていますか? 漠然としている方はヒントのページへ(ここをクリック!)

  • 進学
  • 研修
  • 実務経験
  • インターン

際協力分野で活躍する方々の多くは、留学経験・修士以上の学位をもっているという実態はあります。しかしながら、学位や留学経験があると就職に有利なのではと考え、あまり考えずに突き進んでしまうと、目指す国際協力の仕事につながらない学位や留学経験になりかねません。自分の目指す道を具体的にイメージし、そのために必要な進学、留学を考えましょう。

見てみよう、先輩のキャリアマップ
インタビュー:進学(留学)編
読んでみよう、キャリア相談FAQ
2-6.国際協力の仕事をする上で修士号、博士号は必要ですか? また留学した方がいいのですか?
日本の大学・大学院で学ぶ
国際協力進学ナビ,PARTNER登録大学リスト
海外の大学・大学院で学ぶ
Patersons,Wirld-Wide Graduate School Directory,British Council,社団法人 大学院留学協会,過去のJICA海外長期研修実績,アジア経済研究所開発スクール(IDEAS)留学先,日米教育委員会
仕事をしながら学ぶ
青山学院大学大学院 国際政治経済学研究科,筑波大学大学院 ビジネス科学研究科,立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科,桜美林大学大学院 国際学研究科,杏林大学大学院 国際協力研究科,東洋英和女学院大学大学院 国際協力研究科,吉備国際大学大学院 連合国際協力研究科 国際協力専攻,日本福祉大学大学院 国際社会開発研究科,社会人のための大学,大学院が検索できるサイト

JICAや国際開発高等教育機構(FASID)などの国内の機関で、国際協力の基礎や基本スキル、さらには専門性を学ぶことができます。研修に参加したからといって、必ず国際協力の仕事に就けるわけではありませんが、仕事の幅を広げたり、可能性を高めたりすることに繋げられるでしょう。 目標とする国際協力の仕事に就くために、現在の自分に不足している資質や能力を補うために活用して下さい。

見てみよう、先輩のキャリアマップ
インタビュー:研修編
読んでみよう、キャリア相談FAQ
3-2.国際協力の仕事に就くために役立つ研修にはどのようなものがありますか?
国際協力人材に求められる6つの資質と能力」とは?
国際協力の基礎や基本スキルを学ぶ
国際連合児童基金(UNICEF) 国際協力人材養成プログラム,国際協力NGOセンター(JANIC) NGO/NPO主催セミナー,国際開発高等教育機構(FASID) 研修事業
専門性や現場での実践力をつける
JICA 能力強化研修,JICA ジュニア専門員「国際協力エキスパートインターン」,国際開発高等教育機構(FASID) 研修事業,政策研究大学院大学(GRIPS) 高度開発人材事業,JANIC NGO/NPO主催セミナー,海外コンサルティング企業協会(ECFA),その他財団や公益法人主催のセミナー

則として、国際協力の仕事では契約ベースのものや中途採用が主体のため、実務経験が重視されることが多いです。自分がやりたい仕事に今すぐ応募できなくても、他の仕事で実務経験を積んだり、若手向けのポジションを経験したりすることによって道が開かれることがあります。自分の希望する仕事に就くためにはどんな実務経験が必要か、今の自分の経験からするとどのポジションに応募できるか、考えながら経験を積んでいくとよいでしょう。

見てみよう、先輩のキャリアマップ
インタビュー:実務経験編
読んでみよう、キャリア相談FAQ
3-3.最初に海外において実務経験を積むには、どのような方法がありますか?
3-4.海外ボランティアとして活躍するには、どのような方法がありますか?
3-6.国内を拠点にできる若手人材向けの国際協力の仕事はありますか?
5-4.民間企業経験(財務・会計・マーケティング・生産管理など)は、国際協力の仕事で活かせますか?
実務経験を積む
民間企業,NPO/NGO,国際協力関連機関の職員,JICA ボランティア,在外公館専門調査員,国連ボランティア計画(UNV),ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO),国際機関ごとに実施されている若手職員採用のための制度,JICA 企画調査員(経理),JICA 在外健康管理員,JICA 国内健康管理員

に学生を対象として、企業や団体、組織が一定期間、実際の職場で働く機会を与えるものです。国際協力業界でも多くの団体が不定期でインターンを募集しています。
ただし、インターンとは、あくまでも「就業体験」ですから、経歴において実務経験として見なされない場合が多く、また、その団体への就職が保証されるとは限りません。

見てみよう、先輩のキャリアマップ
インタビュー:インターン編
読んでみよう、キャリア相談FAQ
3-1.インターン制度とは何ですか?国際協力関係のインターンにはどのようなものがありますか?
就業体験をする
JICA,国際機関,NPO/NGO,開発コンサルティング会社,その他民間企業

仕事に就いた後も、スキルアップをし続ける人が多い!  
あなたが目指す国際協力のしごと
JICA関連(マネジメント系) 契約 JICA関連(スペシャリスト系)
外国語スペシャリスト
マネジメント系(計画・立案・調整タイプ) 国際機関職員 スペシャリスト系(実践・現場タイプ)
NPO/NGO
JICA職員 雇用 開発コンサルタント
外務省職員 研究職
国際協力関連機関職員 その他、多様な関り方

▲ ページの先頭へ戻る