しごと@JICA

JICA事業に携わる職種の紹介

HOME > JICA人材の紹介 > 在外健康管理員

概要


在外健康管理員とは、JICAの在外事務所で、JICA関係者(職員、専門家、青年海外協力隊員等)の健康管理支援を行う看護師です。日常的な健康相談や開発途上国における疾病の予防対策、医療情報収集等の啓発活動から、病気や事故などの緊急時に、現地医療機関とJICA本部、顧問医との架け橋としての調整業務に携わります。

契約期間は原則2年です。

求められる資質と能力

求められる資質と能力は派遣国、JICA在外事務所の状況により異なりますが、一般的に在外健康管理員において必要とされるレベルは以下のとおりです。
「国際協力人材に求められる6つの資質と能力」も併せてご参照下さい。)

多岐にわたる医療知識

在外健康管理員が直接医療行為を行うことはありませんが、途上国にはさまざまな病気が存在することから、あらゆる分野の病気についての広範な知識とその予防・初期対応の知識や経験が求められます。
また日本とは異なる環境の中での、疾病予防、健康管理には、状況に応じた工夫、臨機応変に対応できるノウハウが必要です。そして、異文化の中では、メンタルヘルスケアも重要となります。

マネジメント力

在外健康管理員に、まず求められるのは調整能力です。JICA関係者の健康相談や啓発活動、緊急移送対応などを円滑に実施するためには、まず対象となる関係者や現地の保健医療に関わる人々など、多くの関係者間での、良好な関係の構築と調整が重要になります。そして医学的知識や豊富な臨床経験等に基づく判断力、常に冷静、かつ客観的に物事をとらえ、論理的に対処する能力も不可欠です。

特に重大な疾患や事故が発生した場合には、スタッフが一丸となって対応できるよう連絡や調整に関わる中心的な役割も担っています。そして、関係者が現地でスムーズに必要な医療サービスを受けることができるよう、日常から現地の医師や病院関係者との信頼関係を構築する能力も求められます。

在外健康管理員には、医学的知識や経験と同様に、組織の一員としての常識や協調性も、重要な要素となります。事務所内における、唯一の医療専門職ではありますが、関係者の安全や健康が適切に守られるよう、組織内での“報告、連絡、相談”が重要です。

コミュニケーション力

在外健康管理員には現地の医師や病院とのやりとりを行える語学力が必要ですが、コミュニケーション力=語学力ではありません。基本的な語学力は当然、一定レベルが求められますが、医療に関する単語などは事前に準備をしたり、日常の学習や経験により、業務がスムーズに遂行できるようになります。

在外健康管理員にとって最も重要なコミュニケーション力とは、マネジメント力の項でも触れましたが、関係者とのスムーズな意思の疎通を図る姿勢と能力、関係者と日頃から信頼関係を築く能力に代表されます。事務所内のスタッフはもちろん、現地医師や病院関係者、関連各機関など、さまざまな方々との関係が、緊急時や困難な事例の対応に活かされることになります。