JICA国際協力人材センターでは、外務省国際機関人事センター、国際機関、赤十字国際委員会及び開発コンサルティング企業やNPO/NGO等の協力により、7月3日(土)にJICA兵庫(神戸市) において、“国際協力のプロ”を目指す、即戦力を有する社会人や大学院生等を対象に、「国際協力人材セミナー in 関西」を開催いたしました。以下、セミナーの概要をお知らせします。

230名の参加者で溢れたメイン会場 午後のセッション 個別キャリア相談 ワンポイント相談コーナー

 当日は、梅雨空の中、また週末の朝からの開催のところ、国際協力のプロを目指す熱心な230名の方々が参加されました。 各セッションとも質疑応答が活発に行われるなど、JICA兵庫の講堂内は参加者の熱気とともに、仕事への熱い想いが伝わるものとなりました。

 各セッションでは、JICAのみならず、国際機関や開発コンサルタント企業、NPO/NGOの各講師が、それぞれの事業の概要について説明するとともに、必要な資質や能力など、求める人材像についても紹介を行いました。昼食時のワンポイント相談では、各セッションの講師が参加者の皆様の相談に応じ、参加者の列ができるほどの盛況ぶりでした。


 まず午前中のJICAセッションでは、JICA国際協力人材部および調達部より、JICA専門家の2つの募集方式、すなわち「公募」方式と「公示」方式に関する制度の概要や書類の見方、作成方法などについての詳細な説明がなされました。またその後には、各種専門家を経験した講師により、実際の応募方法や合格するためのヒントなど、実践的なノウハウを披露しました。さらに、JICA兵庫市民参加協力調整員の青木知子(あおき ともこ)氏より、ご自身のキャリアパスやPARTNERがきっかけで携わることとなった現在の業務を通じて「国内で国際協力を担う人材」について講演がありました。


 午後の開発コンサルタントセッションでは、株式会社シー・ディー・シー・インターナショナルのコンサルタント 三宅 展子(みやけ のぶこ)氏が「開発コンサルタントに求められる人材像」をテーマに、開発コンサルタントの業務説明や業界状況、そして採用条件や事例紹介をもとに説明されました。セッションの終盤では、個別企業の具体的な就職情報のためか、非常に具体的な質問などが活発に交わされました。


 一方、同時開催のNGOセッションでは、特定非営利活動法人 関西NGO協議会の事務局長 榛木 恵子(はりき けいこ)氏より、「NGOで働くということ」と題して、NGOの定義や業務内容、待遇、そしてスタッフ採用の実際など職場としてのNGOについて、また関西地域のNGOの特徴についてもお話いただきました。続いて財団法人PHD協会の坂西 卓郎(さかにし たくろう)氏からは、事業系NGOスタッフとして、現在の職務内容やこれまでのキャリア構築等について、ときに榛木氏と掛け合いながら説明がありました。


 その後の国際機関セッションでは、外務省総合外交政策局国際機関人事センター課長補佐 神宮司 英弘(じんぐうし ひでひろ)氏により「国際公務員になるために」と題してお話しがありました。国際機関の職種や採用方法、応募に際しての準備方法、国際機関人事センターの業務などが紹介されました。続いて、国際連合国際防災戦略事務局(UNISDR) 兵庫事務所代表 松岡 由季(まつおか ゆき)氏により、「国際機関職員の仕事とキャリア構築」について、UNISDRの説明をはじめ、国連で働くことについてご自身の経験に基づいて説明がありました。最後に、赤十字国際委員会(ICRC)の政策担当官 柴崎 大輔(しばざき だいすけ)氏により、「ICRCが求める人材とは?」をテーマにお話しされました。ICRCの仕組みと活動をはじめ、どのような人材を求めているかについて、熱のこもったご説明をいただきました。


  なお、セミナー開催と同時進行により、2階・3階の各会場では、個別キャリア相談が行われました。国際協力相談員7名により、事前申込者32名のキャリア相談に応じました。



《 当日のプログラム 》

■ 午前の部 ■
JICAセッション 09:25~12:15(途中休憩あり)

- 開会、進行説明(国際協力人材センター長 江種 利文)
- JICA兵庫挨拶(JICA兵庫所長 伊禮 英全)
- 国際協力人材部挨拶(国際協力人材部部長 西脇 英隆)
- 「JICA専門家とは」
  ・ 公募型案件についての説明 (JICA 国際協力人材部)
    求人情報の「読み方」、応募書類作成のコツについて
  ・ 公募型専門家の経験談 (公募型専門家 辰巳 知行氏)
    キャリア構築、応募から採用に至るまで経験者自身が力を入れたこと、現場での仕事について
  ・ 公示型案件についての説明 (JICA 調達部)
  ・ 公示型専門家の経験談 (公示型専門家 土井 弘行氏)
    キャリア構築、応募から採用・業務遂行まで、専門家自身の経験に基づくリードタイムのコツについて
- 「国内で国際協力を担う人材」(JICA兵庫市民参加協力調整員)
  ・ 地域に根付いて国際協力をしながらのキャリア構築、「市民参加協力調整員」の仕事内容について


■ 昼休み ■
ワンポイント相談コーナー 12:15~13:30

午前の部についての質問や、各国際協力実施機関を目指すためのキャリア構築について、「ちょっと聞きたい」方のために、ワンポイント相談コーナーを設置。


■ 午後の部 ■
【I】 13:30 ~ 14:30 (選択制)

  □開発コンサルタントセッション
  - 「開発コンサルタントに求められる人材像」
     株式会社シー・ディー・シー・インターナショナル


  □NGOセッション
   -€ 「NGOで働くということ」
     特定非営利活動法人 関西NGO協議会


【II】 14:40 ~ 16:40 国際機関セッション
   - 「国際公務員になるために」
     外務省総合外交政策局 国際機関人事センター


   - 「国際機関職員の仕事とキャリア構築」
     国際連合国際防災戦略事務局(UNISDR)


   - 「ICRCが求める人材とは?」
     赤十字国際委員会(ICRC)


●同時開催:個別キャリア相談


《 過去のセミナー・レポート 》

2010年3月 国際協力人材セミナー in 東京を読む
2010年1月 国際協力人材セミナー in 中部(名古屋)を読む