【7/6-7開催】JICA BLUE スタートアップハブ交流会@大阪

株式会社ボーダレス・ジャパン

  • イベント
  • 中高生歓迎
  • 大学生・大学院生歓迎

プログラム/内容

ジャンル
イベント
開催日時
2024/07/06 10:00 2024/07/07 18:00
両日ともに10:00-18:00
開催地
大阪府 日本 大阪府大阪市北区1丁目 芝田1-1-4  阪急ターミナルビル7F
開催形式
オフライン
内容

あなたの想い、今こそ世界を変える力にしよう。


JICA BLUEは、2024年7月6〜7日に大阪にある「Visions LOUNGE UMEDA」でスタートアップハブをOPENします。

会期中は、関西エリアで活躍されている海外協力隊経験者の方々のトークセッションや交流イベントを開催します。

こちらのイベントは、JICA海外協力隊に興味がある方、経験者の方、一般の方、どなたでも参加いただけます。


※JICA BLUEとは、JICA海外協力隊員の帰国後の社会還元支援を目的としたJICA 海外協力隊 起業支援プロジェクトの名称です。

※起業相談は、事前予約制となります。

 

\ミドコロ/

トークセッションを開催!

◉ 7月6日(土)13:00-14:30 pa moja 代表 棚原 彩氏(予定)

◉ 7月7日(日)11:00-12:30 株式会社美ら地球CEO 山田 拓氏(予定)

 

スタートアップハブ 交流会では、関西地方にお住まいの協力隊経験者をゲストにお招きしトークイベントを開催します。


トークテーマは「自分の決断を正解にするー協力隊OVが起業にチャレンジした理由ー」


起業ってハードルが高い?どんな背景から起業を決断したのか、起業してよかったことや乗り越えた壁、これから取り組んで行きたいことなどここでしか聞けないお話をしていただきます。登壇者のプロフィールについては、追って公開します!



相談ブース(※事前予約制、各30分)

自分の中にある実現したいこと、協力隊の経験を経て取り組んでみたいことなど、迷っていることについて相談員と一緒にお話が可能です。具体的なプランやコンセプトが決まっていなくても大丈夫です。

お伺いした内容やご状況を踏まえて資料のご提供やアドバイザーとの接続をさせていただきます。

※こちらは「JICA海外協力隊経験者」限定となります



交流イベント

ご来場された方同士の交流ワークショップを開催します。

興味のあるテーマや社会問題、協力隊経験を経た私の現在地、1分間PRなど時間ごとに開催される交流会にぜひご参加ください。

(どなたでも参加が可能です)



展示・上映ブース

JICA海外協力隊を経て、国内外で起業している方々のポスター展示とスペシャル動画コンテンツの上映を行います。

 

【スケジュール】

日 時:7月6日(土)10:00〜18:00

7月7日(日)10:00〜18:00 


場 所:Visions LOUNGE UMEDA

https://maps.app.goo.gl/tvnNxQKR5wmcZqRi9

住 所:〒530-0012 大阪府大阪市北区1丁目 芝田1-1-4 阪急ターミナルビル 7F

 

 

▼ポイント整理

①ここでしか聞けない! JICA青年海外協力隊を経て起業した先輩のお話

②起業相談ブースにて、自身のキャリア相談が可能

③参加者同士のネットワーキングが可能

④JICA海外協力隊経験者に限らず、来場OK



【登壇者のプロフィール】

アフリカンスポーツアパレル『pa moja』 

代表 棚原 彩氏



(株)美ら地球CEO、内閣官房 地域活性化伝道師、総務省 地域力創造アドバイザー、(一社) 山陰インバウンド機構 山陰DMOアドバイザー

山田 拓氏

職務分野
都市開発・地域開発、日本国内の社会課題への対応・多文化共生、多岐にわたる分野
会場名
Visions LOUNGE UMEDA

参加資格

参加費用
無料

募集内容

募集対象者
どなたでもご参加いただけます ・登壇者の話を聞いてみたい方 ・JICA海外協力隊に興味がある方 ・協力隊経験者 ・ボーダレス・ジャパンに興味がある方 ・社会課題解決に興味・関心がある方 ・社会をよくする何かしらのアクションをしてみたい方 ・なんとなく興味がある方
学生歓迎
中高生歓迎;大学生・大学院生歓迎
募集人数
各日50名
募集期間
2024/06/10 17:07 2024/07/05 17:00

申し込み方法

参加申し込み方法

Peatixイベントページよりお申し込みください

開催団体のお知らせページ
https://jica-blue-osaka.peatix.com/

【7/6-7開催】JICA BLUE スタートアップハブ交流会@大阪

株式会社ボーダレス・ジャパン

このイベントに似たイベントを探す

ジャンル

職種

お問い合わせ先

担当部課
JICA海外協力隊 起業支援プロジェクトBLUE事務局
電話番号
メールアドレス
event@blue.jica.go.jp
担当者から一言

JICA BLUE出張イベントのラストです!ぜひお近くの方はお友達を誘ってお越しください♫

団体情報詳細
設立目的・事業内容
「ソーシャル・ビジネスで世界を変える」ことを目指し、社会起業家が集うプラットフォームカンパニーとして2007年3月設立。貧困・環境問題など社会問題の壁を超える48の事業を展開。偏見のない世界を作る多国籍コミュニティハウス「ボーダレスハウス」、オーガニックハーブで貧困農家の収入をアップする「AMOMA natural care」、バングラデシュに雇用を作るビジネス革製品「ビジネスレザーファクトリー」など多くの社会的事業を創出している。活動拠点を東京・大阪・福岡・韓国・中国・バングラデシュ・台湾・ミャンマー・ケニア・グアテマラへ世界13ヵ国と拡大し、2022年度の売上高は75億円を超える。 HP:https://www.borderless-japan.com/ 採用ページ:https://www.borderless-japan.com/recruit/fresh_rise/ 会社紹介資料:https://speakerdeck.com/borderlessjapan/bodaresugurupuhui-she-shao-jie-zi-liao
活動対象分野
貧困削減、農業開発/農村開発、教育、都市開発・地域開発、資源・エネルギー
活動実績(海外)
<韓国・中国> ボーダレスハウス:多国籍コミュニティシェアハウスで差別偏見のない社会をつくる <バングラデシュ> BLJ Bangladesh Co.:バングラデシュの就業困難な人々に雇用をつくる Bangladesh Leather Inspection:文字が読めない人も障がいを持つ人も働けるコミュニティを形成する <ミャンマー> BORDERLESS FARM:貧困農家を世界からなくすオーガニック農業 BORDERLESS LINK:貧困農村部から持続可能な農業と社会をつくる <ケニア> Alphajiri:農業サプライチェーン改革でアフリカから貧困をなくす <グアテマラ> Maysol:子どもを教育を受け続けることができるよう、雇用機会をつくる委託養鶏事業
活動実績(国内)
ボーダレスハウス:多国籍コミュニティシェアハウスで差別偏見のない社会をつくる AMOMA natural care:オーガニックハーブの契約栽培で貧困農家を支える JOGGO:障害の特徴を活した革職人育成で正当に評価される場をつくる ビジネスレザーファクトリー:革製品の生産工場で貧しい人々の『働く』場を増やす Sunday Morning Factory:アパレル工場で安定した雇用を親に作り児童労働をなくす POST&POST:”リサイクル未経験者ばかり”が通うリユースショップでゴミを減らす ボーダレスキャリア:ステップ就職で若者の仕事のミスマッチをなくす みらい畑:耕作放棄地を有機農業で再生し、高齢者に雇用を生み出す ピープルポート:小型家電のリサイクルで日本の難民に雇用を創る MAYSOL:子どもを教育を受け続けることができるよう、雇用機会をつくる委託養鶏事業 など
所在地
162-0843
東京都 新宿区市谷田町 2-17 八重洲市谷ビル6階
設立年月
2007 / 03