【2024年度能力強化研修】2024年度能力強化研修「統合水資源管理」コース

独立行政法人 国際協力機構(JICA) 人事部 開発協力人材室(能力強化研修)

  • 研修

プログラム/内容

ジャンル
研修
開催日時
2024/10/07 09:30 2024/10/10 17:30
開催地
東京都 東京都新宿区市谷本村町10-5 国際協力機構市ヶ谷ビル(JICA 市ヶ谷ビル)
開催形式
オフライン
内容

JICA では、JICA グローバル・アジェンダ(JGA)No.19「持続可能な水資源の確保と水供給」を掲げ、統合水資源管理の概念に基づき、クラスター事業戦略「地域の水問題を解決する実践的統合水資源管理」を推進しています。同クラスターでは、水資源の利用や管理に関わる利水や治水、環境、農業等、多様な関係者の利害を調整しつつ、統合的な視点に立った水資源管理の実践が重要という認識の下、利害関係者の合意形成を図
る協議メカニズムの形成と機能化、水問題の解決に責任を持つ水資源管理主体の育成を支援の軸としています。そして、同クラスターを推進するためには、従来の技術的な観点からの水資源管理の責任主体の強化だけでなく、セクター・スキーム横断的な視点を持ち、社会的合意形成や協議メカニズムの構築を含めた水資源管理に関する経験や知識を持つ人材の育成が急務となっています。

 

本研修では、クラスター事業戦略を踏まえてプロジェクトを形成、実施するため、水資源管理の責任主体の技術的な強化だけに留まらず、上記のような協議メカニズムの構築や社会的合意形成といった社会的要素の重要性に気付き、理解を深めることを目的としています。そのため、水資源管理分野の技術的な専門性を持つ方だけでなく、利害関係者の調整や合意形成、参加型開発等、社会系の専門性を持つ方も対象としています。水資源管理分野を専門とする方におかれましては、一部、基礎的な内容が含まれる点、予めご了承ください。

職務分野
資源・エネルギー、多岐にわたる分野
会場名
JICA 市ヶ谷ビル ※研修3日目は現地視察(東京近郊の河川、流域等)を予定

参加資格

参加資格

本研修の応募者は、下記の全ての要件を満たす方とします。
(1) 研修の全日程に参加可能であること(修了証発行は全日程参加が条件となります)
(2) JICA 事業を含む国際協力に関する案件形成・実施監理等の経験を 3 年以上有すること(特にプロジェクト従事経験があることが望ましい)。
(3) 水資源管理プロジェクトや、利害関係者の調整・協議メカニズム構築、合意形成、参加型開発等に関するプロジェクト(水資源分野だけに限らず)への参加経験、もしくは強い関心があること。社会系や技術系等、専門性は問わない。
(4) 本研修で学んだ利害関係者の調整や合意形成、協議メカニズム等についての知見を、水資源管理分野のプロジェクトにおいて活用する強い意欲があること。

参加費用
無料

募集内容

職種
その他
募集対象者
将来、開発途上国における「統合水資源管理 」分野の専門家や調査(業務委託)の受託者などとして、その形式を問わず、JICA事業に携わる意思がある方(詳細は募集資格をご確認下さい)
募集人数
15名程度
募集期間
2024/06/21 09:00 2024/08/12 23:59

申し込み方法

参加申し込み方法

提出書類を締切日までに JICA が運営している国際キャリア総合情報サイト「PARTNER」(以下、「PARTNER」という。)から応募してください。

 

(1)    「PARTNER」への登録

応募はすべて「PARTNER」経由で行います。応募にあたっては「PARTNER」に人材登録がなされていることが必須ですので、登録されていない方はまず「PARTNER」での人材登録を行ってください。

 

「PARTNER」(人材登録)のURL

https://partner.jica.go.jp/Account/HRAboutRegist

 

【「PARTNER」登録の注意事項】 

応募時には「PARTNER」マイページの「登録内容の確認/更新」にて、所属先などの情報を最新に更新してください。

 また、更新の際には、「プロフィール公開」欄は「希望する」を選択し、「プロフィール公開対象」には必ず「JICA」を選択してください。

 

(2)    応募書類

すべて所定の様式をご使用ください。所定の様式は、JICAホームページ(能力強化研修 | JICAについて - JICAhttp://www.jica.go.jp/recruit/kyokakenshu/top.html))からダウンロードしてください。①の履歴書についてのみ、PARTNERから書式をダウンロードして作成してください。

①    履歴書

応募に必要な「研修用履歴書」を「PARTNER」上で作成して提出してください(履歴書への写真添付は不要です)。一般履歴書など他の様式の履歴書は受け付けません。履歴書は、「PARTNER」ログイン後、マイページのメニューから作成できます。ファイル名は「氏名_1履歴書」として、PDF化して提出してください。

②    自己申告書

必ず所定の様式を使用して提出してください。なお、合理的な配慮が必要な方は自己申告書の該当項目(6項目目)に必ず記載をお願いいたします。ファイル名は「氏名_2自己申告書」として、PDF化して提出してください。

③ 推薦書

所属先のある方は必ず所属先の研修参加の了承を得てください。なお、推薦書は書式不問です。

推薦書が用意できない場合は、その理由を記載してください。自営の方や所属先のない方は不要です。

所属先にて応募者ご本人が代表を勤めている方も必要ありません。

ファイル名は「氏名_3 推薦書」として、PDF 化して提出してください。

 

(3)    応募

応募期間内に「PARTNER」の応募画面から応募してください(予め応募書類をご準備ください)。

①    以下のURLから「PARTNER」にアクセスし、画面右上の“ログイン” をクリックして「PARTNER」にログインします。

「PARTNER」のURL http://partner.jica.go.jp/

②    「研修セミナー情報」画面から該当のセミナー情報を検索し、「WEBから応募する」をクリックしてください。

③    上記(2)の応募書類を添付してPDF化して提出してください。

注意事項

■修了証の発給

全日程の研修を修了された受講者へ、研修修了証書をお渡しします。

 

■留意事項

(1) 研修期間中の盗難、紛失、事故等については、JICA は一切責任を負いません。予めご了承ください。
(2) 研修実施に影響を及ぼすため、合格後の辞退は出来るだけご遠慮ください。
(3) 円滑な研修運営に支障を来す恐れがあり、受講者本人や他の受講者の不利益になると JICA が判断した場合は、その後の研修参加をお断りする場合があります。
(4) 研修修了一定期間の後、研修後の国際協力事業へのかかわり等に関するフォローアップ調査をアンケート形式で実施しますので、回答にご協力願います。
(5) 受講のために必要な経費は自己負担となります。
(6) 本研修ではノートパソコンをご持参ください。
(7) 応募書類に虚偽の記載が判明した場合、選考合格を取り消すとともに、修了証の発行は致しません。
 

■事前学習資料(選考後に詳細ご連絡予定)

※下記に加え、受講者決定後の「受講案内」を送付する際に、事前課題の提出を求める場合があります。
●JICA グローバル・アジェンダ(JGA)
・JGA No.19 「持続可能な水資源の確保と水供給」
https://www.jica.go.jp/activities/issues/water/index.html
●JICA の関連事業
・インドネシア国ジャカルタ地盤沈下対策プロジェクト
https://www.jica.go.jp/oda/project/1600699/index.html
・ボリビア国コチャバンバ県統合水資源管理能力強化プロジェクト
https://www.jica.go.jp/oda/project/1501078/index.html
・スーダン国統合水資源管理能力強化プロジェクト
https://www.jica.go.jp/oda/project/1502083/index.html

 

■参考資料

●参考図書(事前学習を必須とするものではありません)
・社会的合意形成のプロジェクトマネジメント(桑子敏雄著)

 

選考方法

応募書類を審査の上、2024年9月3日(火)を目途に、下記の「PARTNER」のマイページ上で合格者の応募案件番号(受付番号)を発表します。「PARTNER」にログインし、マイページの「PARTNERからのお知らせ」をご確認ください。書面による通知及びJICAホームページ上では発表しません。
ご自身の応募案件番号(受付番号)は受領通知メール、又はマイページ「メールボックス」の「受信BOX」で「【PARTNER】公募案件への応募送信完了のお知らせ」を参照ください。
なお、選考結果に関する個別のお問い合わせには一切お答え出来ませんので、あらかじめご了承願います。「PARTNER」のURL http://partner.jica.go.jp/
 

開催団体のお知らせページ
https://www.jica.go.jp/recruit/kyokakenshu/top.html

【2024年度能力強化研修】2024年度能力強化研修「統合水資源管理」コース

独立行政法人 国際協力機構(JICA) 人事部 開発協力人材室(能力強化研修)

このイベントに似たイベントを探す

開催地

ジャンル

職種

お問い合わせ先

担当部課
人事部開発協力人材室
担当者氏名
望月 翔太
電話番号
03-3269ー3471
メールアドレス
hrgtc@jica.go.jp
ホームページ
http://www.jica.go.jp/
担当者から一言

本研修は、昨年度の参加された方全員より「非常に満足」、「満足」と回答いただき、

「基礎的な座学、現地視察、グループワークと研修構成が完璧でした(流れるようなカリキュラムでした)」

「他の参加者と密なコミュケーションをとることできたこと。そしてすべての参加者と名刺交換をしてネットワーク作りをすることができた」

「講師の方々のみならず参加者からの学びと気づきが多く、対面で参加できて良かったです。可能であれば、次回の研修もオブザーバー参加して知識のブラッシュアップにつなげたいです」

と、評価の高いコースとなっております。

 

JICAでは事業戦略「地域の水問題を解決する実践的統合水資源管理」を推進しており、同事業を推進するための、経験や知識を持つ人材の育成が急務となっています。

本研修は、水資源管理の責任主体の技術的な強化だけに留まらず、協議メカニズムの構築や社会的合意形成といった社会的要素の重要性に気付き、理解を深めることを目的として実施されます。

将来、開発途上国における「統合水資源管理」の世界で活躍することを希望されている方々からのご応募をお待ちしております。

団体情報詳細
設立目的・事業内容
独立行政法人国際協力機構法(平成14年法律第136号)に基づき設立された独立行政法人で、開発途上地域等の経済及び社会の開発若しくは復興又は経済の安定に寄与することを通じて、国際協力の促進並びに我が国及び国際経済社会の健全な発展に資することを目的とする。
活動対象分野
援助アプローチ/戦略/手法
活動実績(海外)
・開発途上国への技術協力  研修員受入  専門家派遣  機材供与  技術協力センター設置・運営  開発計画に関する基礎的調査 ・有償資金協力  円借款  海外投融資 ・無償資金協力  ※外交政策の遂行上の必要から外務省が自ら実施するものを除く。 ・国民等の協力活動の促進 ・海外移住者・日系人への支援 ・技術協力のための人材の養成及び確保 ・調査および研究 ・緊急援助のための機材・物資の備蓄・供与 ・国際緊急援助隊の派遣
活動実績(国内)
同上
所在地
102-8012
東京都 千代田区二番町 5-25 二番町センタービル
設立年月
2003 / 10