8/22 オンラインイベント 私たちは何を学べるのかー「ロヒンギャ難民の逆境の7年を生き抜く力」  世界の医療団×ジャーナリスト増保千尋さん

認定NPO法人 世界の医療団

  • セミナーシンポジウム

プログラム/内容

ジャンル
セミナーシンポジウム
開催日時
2024/08/22 19:00 2024/08/22 20:20
開催地
オンライン
開催形式
オンライン
内容

2017年8月25日、ミャンマー軍による迫害により、多くのロヒンギャの人々が隣国バングラデシュに逃れました。7年がたとうとする今も、難民キャンプでは100万人近い人々が帰還の見込みもないままに暮らしています。世界の医療団は難民キャンプとホストコミュニティの両方で現地の医療向上のための支援を行ってきました。現在、高血圧、糖尿病、ガンなどの非感染性疾患についての啓発・診療所支援や、必要とされる精神面のケアを行っています。

今回のイベントでは、こうした世界の医療団の活動についてお知らせするとともに、ジャーナリストとして長年にわたってロヒンギャ難民キャンプを取材されてきた増保千尋さんに、ロヒンギャ難民を取り巻く世界の状況と、難民キャンプで生きる人々の姿について、最新の情報をお伝えいただきます。世界の関心が薄れ、将来への不安を抱える一方で、迫害のトラウマを抱えながらもたくましく生きようとする人々の姿があります。ロヒンギャ難民の現状から、私たちは何ができ、何を学ぶべきなのかを考えます。

 

●プログラム

19:00-19:03 あいさつ(世界の医療団 事務局長 米良 彰子)

19:03-19:13 難民たちのこころと身体のケア

   (世界の医療団 メディカルコーディネーター/看護師 木田 晶子)

19:13-19:43 ロヒンギャ難民の今

   (増保 千尋さん)

19:43-20:03 パネルディスカッション

   長期化する難民生活と難民たちのレジリエンス

   (増保さん、木田、モデレーター:世界の医療団 海外事業プロジェクト・コーディネーター 中嶋秀昭)

20:03-20:18 質疑応答

20:18-20:20 終わりに


増保千尋さんプロフィール

宮城県出身。2002年、早稲田大学第一文学部卒業。2012年、国連平和大学メディアと平和構築修士課程修了。出版社、国際機関などを経て独立。シリア難民やミャンマーの少数民族の独立闘争など、紛争や難民をテーマに取材したルポルタージュを「COURRiER Japon」「Newsweek Japan」「集英社オンライン」などで発表。2017年10月からロヒンギャの取材を開始。「世界の医療団」の活動も取材。(https://courrier.jp/news/archives/315274/、https://courrier.jp/columns/298359/

職務分野
保健医療

参加資格

参加費用
無料

募集内容

募集人数
300人
募集期間
2024/07/11 11:00 2024/08/22 12:00

申し込み方法

参加申し込み方法

下記のお申込みフォームにご記入のうえ送信してください。

https://forms.gle/BG9b8x4C4LBmmPDM6

注意事項

*定員に達し次第、締め切らせていただきます。

開催団体のお知らせページ
https://www.mdm.or.jp/news/27753/

8/22 オンラインイベント 私たちは何を学べるのかー「ロヒンギャ難民の逆境の7年を生き抜く力」  世界の医療団×ジャーナリスト増保千尋さん

認定NPO法人 世界の医療団

このイベントに似たイベントを探す

お問い合わせ先

電話番号
メールアドレス
mdm-event@mdm.or.jp
ホームページ
http://www.mdm.or.jp
団体情報詳細
設立目的・事業内容
世界の医療団は世界各地に保健分野の専門ボランティアを中心に派遣し、医療支援に取り組む国際NGOです。国籍、民族、思想、宗教などのあらゆる壁を越え、世界で最も弱い立場にある人々に支援の手を差し伸べます。
活動対象分野
保健医療
活動実績(海外)
世界約74カ国で330の支援プロジェクトを実施しています。 ・自然災害・紛争等への緊急対策 ・長期の医療支援プロジェクト ・形成外科手術で笑顔を取り戻すスマイル作戦
活動実績(国内)
活動説明会の実施 政策提言 ・東京プロジェクト(ホームレス状態の人々の精神と生活向上プロジェクト) ・福島そうそうプロジェクト ・川内村こころのケアプロジェクト
所在地
106-0044
東京都 港区東麻布 2-6-10 麻布善波2F
設立年月
1995 / 03