PARTNER 国際キャリア総合情報プラットフォーム

MENU

HOME 新規個人登録はこちら 新規団体登録はこちら 初めての方はこちら 学生の方はこちら close
ログイン

期限付職員とは

JICA職員のうち、期限を定めた契約に基づき、JICA事業や組織運営にかかる特定の業務に従事します。

大庭 隆さん
名前:
大庭 隆
所属:
地球環境部 防災グループ 防災第二チーム
キャリアパス:
精密機器メーカー販売会社(営業職)3年間
 ↓
JICA海外協力隊(村落開発・ソロモン諸島)2年間
 ↓
精密機器メーカー販売会社(復職)3年間
 ↓
現職

現在の業務内容:

東南アジアや大洋州、カリブ等の島嶼国に対する気象、地震津波、海岸保全等における防災協力に関する戦略立案や技術協力プロジェクトの形成、実施監理を担当しています。また、プロジェクト以外にも留学プログラムの立ち上げ、国際防災プラットフォーム会議などの国際会議対応、調査業務の企画運営、社内での情報発信など、幅広い業務を行っています。世界をリードする日本の防災の知見を日々吸収しながら、いかに相手国へ有益かつ効果的な形で提供できるか、試行錯誤しています。

業務で感じるやりがい:

日本が世界をリードする防災の技術や知見を活かし、途上国の国創りの上流に貢献できることです。日本の熱意ある専門家や研究者の方々が持つ技術や知見を世界に発信し、相手国の行政官とその国の防災のあり方を議論する立場を担えることは、大きな責任とともにその意義や、やりがいを感じています。また、これらの仕事を通じて、国際協力のキャリアや防災の専門性という観点で日々成長できることも、自分にとって貴重な機会となっています。

西 梨月さん
名前:
藤田 智香
所属:
財務部会計課
キャリアパス:
商社(貿易事務)7年間
 ↓
現職

現在の業務内容:

財務部会計課にて、有償資金協力の貸付や海外投融資のヘッジ手段であるスワップ取引のバックオフィス業務を担当しています。バックオフィス業務では主にスワップ取引の約定管理、担保管理、元利決済手続き、新規スワップ取引の事務フロー作成やシステム対応の検討を行っています。その他スワップ取引業務に使用しているシステムの保守・運用業務や、各種契約締結業務などにも従事しています。

業務で感じるやりがい:

財務・経理部門を通して、国際協力という社会貢献度の高い仕事の一端に携われていることにやりがいを感じています。バックオフィスの定例業務を通してデリバティブ(スワップ取引)についての専門知識が身に付くことに加えて、システム関係の業務など定例業務以外にも他部署や関係者と協力して調整や検討する業務が多く、主体的に様々な業務を進めていくことが出来る所に面白さとやりがいを感じています。

※期限付職員の契約終了後のキャリアは様々ですが、PARTNERでJICA内外の国際協力関連ポストを探してキャリアを形成するケースや、JICAの登用制度を利用して無期雇用職員になるケースなどもあります。

先月 来月