ペルー草の根・人間の安全保障無償資金協力外部委嘱員

在ペルー共和国日本国大使館

  • 委嘱
  • 海外勤務
  • 業務委託

職務内容

職務分野
貧困削減、農業開発/農村開発、保健医療、教育、都市開発・地域開発、水産、水資源、防災、援助アプローチ/戦略/手法、多岐にわたる分野
業務対象国/勤務地
北米・中南米   ペルー
業務期間
2024/07/15 2025/03/31
2024年7月中旬頃~2025年3月(※) ※委嘱契約は日本の会計年度毎に行います。同契約は年度初めに更新し、第1回目の契約日から最長通算3年間まで延長可能です。2年以上の継続契約を希望することが望まれます。 業務開始時期は 2024年7月中旬頃です(詳細は応相談)。
就業時間
08:30 17:30 (休憩時間: 12:30 13:45
休日
土、日、その他
当館の休館日
時間外労働
なし
その他業務条件
業務内容

「草の根・人間の安全保障無償資金協力」(以下、草の根無償)外部委嘱員とは、大使館との業務委嘱契約に基づき、草の根無償業務の一部を委託する個人コンサルタントです。
開発協力に係る専門知識・経験を有する方に、草の根無償の案件の要請発掘、審査、案件の進捗管理等の一連の作業の補助的業務を委嘱するもので、当館職員となるものではありません。
本業務は国の施策としての草の根無償の実施を補助するものであるため、供与団体の選定、案件採択、資金供与等の政策判断は当館の担当者が行います。そのため、外部委嘱員は当館が行う政策判断に必要な事前調査、申請団体との調整、要請書・報告書の取り付け、モニタリング等の作業を担当するものです。
具体的には、当館の経済協力担当者の要請を踏まえ、主として以下のような業務を行います。
・案件形成に係る事前調査、事業開始から完了までのモニタリング・完了後のフォローアップ、申請団体との要請内容の調整 、現地調査
・申請案件内容の技術的検討
・報告書等各種資料作成
・資金供与するプロジェクトの贈与契約の署名式、引渡式のアレンジ
・その他、当館が指示する草の根関連業務
外部委嘱員は、業務上知り得た情報を対外的に明らかにしてはならない守秘義務を有しています。

職種
専門職系(開発コンサルタント)
勤務形態
委嘱
働き方
海外勤務、業務委託

応募条件

語学力
スペイン語
日本語、スペイン語が堪能(ネイティブレベル)で、両言語の会話及び書類作成が可能であること(特に日本語での書類作成は上級レベルが求められる)。また、日常会話程度の英語ができるとなお良い。
学位
不問
技術資格
必須とする資格は特になし

・開発協力に関する知識・経験を有すること。
・諸団体の財務諸表を理解し、団体の財務状況について審査及び状況判断ができること(簿記等の資格があればなお良い)。
・報告書作成に必要なワード・エクセルその他のパソコン操作(図表の作成等を含む)ができること。

類似業務経験年数
開発協力に関する実務経験を有していることが望ましい(コミュニティ開発分野の海外協力隊等)。
その他必要な業務経験・能力

・40歳程度までで、心身ともに健康であること。
・在ペルー日本国大使館にて業務を実施するため、ペルー・リマ市に長期にわたって在住することが可能であること。
・標高3,000m以上の高地や未舗装のアマゾン地域への現地調査を行うことも多いため、高地での活動が可能で、乗り物酔いをしないことが望ましい。
・当館の複数の職員と共に業務を実施するため、他者とのコミュニケーションができ、協調性を有すること。

給与・待遇

給与レンジ(月額:円)
20~30万未満
待遇

(1)契約形態
外部委嘱員は当館職員として雇用されるものではありません。個人コンサルタントとして、当館と草の根無償関連の業務にかかる業務委嘱契約を交わし、委嘱契約期間中、同委嘱業務に対して当館が毎月一定額の謝金を支払うというものです。雇用ではなく委嘱契約であるため、各種の待遇は適用されず、例えば、健康・傷害保険、年金や、一般旅券(パスポート)取得、入国ビザについては個人で手配していただくことになります。

(2)謝金
外務省外部委嘱員制度の規定により支給します。

(3)住居費
日本から赴任する日本国籍を有する方に限り、外務省外部委嘱員制度の規定により実費を支給します(上限あり)。

(4)渡航費

日本から赴任する日本国籍を有する方に限り、渡航費用(往路、復路航空賃(ディスカウント・エコノミー料金)、空港使用料、予防接種料、査証取得料、着任に係る支度料、移転料等(外務省外部委嘱員制度の規定に基づく))を支給します。

 

(5) 旅券(パスポート)
一般旅券(ご自身での手配となります)

(6)その他
外部委嘱員契約は雇用契約ではなく、業務の委嘱契約であるため、通常の雇用契約に含まれる各種待遇は適用されません。各種保険にはご自身で加入していただく必要があります。

福利厚生
「待遇」欄にもあるとおり、通常の雇用契約に含まれる各種待遇(福利厚生含む)は適用されません。
加入保険
なし

応募について

応募方法

以下の応募書類を2024年5月19日(日)までに件名を「【応募】ペルー草の根外部委嘱員(申請者の氏名)」として,申請先メールアドレスまでメールで送付してください(PDF、ワード又はエクセル形式。圧縮ファイル不可)。また、連絡用のメールアドレスを明記ください。
 ・写真を添付した履歴書(日本語で記入、以下の項目は必須)
 ・氏名、生年月日、現住所、電話番号、学歴、職歴、資格、語学レベル(DELE等) 
 ・志望理由、自己PR(日本語でA4サイズ1~2枚程度)
2024年5月下旬頃に、書類選考合格者に対して連絡の上、記述式試験及びWEB会議による面接を実施(実施日時は個別に調整)し、合格者を決定します。

募集人数
1名
募集期間
2024/04/03 14:00 2024/05/20 13:59
応募時の注意事項

・書類にご記入いただいた個人情報は選考のみに使用します。
・応募の秘密は厳守します。

ペルー草の根・人間の安全保障無償資金協力外部委嘱員

在ペルー共和国日本国大使館

この求人に似た求人を探す

お問い合わせ先

担当部課
在ペルー日本国大使館 経済・開発協力班
担当者氏名
小金澤(不在時:金井)
電話番号
+51-1-219-9500
メールアドレス
apcjapon@li.mofa.go.jp
団体情報詳細
設立目的・事業内容
外交、経済協力、領事業務等
活動対象分野
農業開発/農村開発、教育、都市開発・地域開発、水資源、防災、援助アプローチ/戦略/手法
活動実績(海外)
日本の対中南米ODA供与のうち、対ペルーは累計総額で最大。草の根・人間の安全保障無償資金協力案件を年間10件程度実施。
活動実績(国内)
所在地
000-0000
Jesús María, Lima, Perú Av. San Felipe 356, Embajada del Japón
設立年月
1873 / 08