政策研究大学院大学学術国際課年俸制職員(研究支援業務) の募集

国立大学法人政策研究大学院大学

  • 契約
  • フレックス

職務内容

職務分野
一般事務・経理
業務対象国/勤務地
関東   東京都
業務期間
2024/10/01 2025/03/31
年度毎に契約更新。労使双方の合意があれば更新可。ただし最長3年まで。
試用期間
6ヶ月
就業時間
09:00 17:45 (休憩時間: 12:00 13:00
月曜~金曜 週5日勤務 標準的な就業時間 9:00~17:45 (実働7時間45分) 就業可能時間帯 7:00~22:00 コアタイム 10:00~15:00 休憩時間12:00~13:00 業務上必要がある場合は、超過勤務または休日出勤を命じることがある。
休日
土、日、夏季休暇、年末年始、その他
休日:土曜日・日曜日・祝日、年末年始 (12月29日~1月3日)
時間外労働
あり
月平均5時間
その他業務条件
業務内容

研究支援に関する業務
 ・出張旅費や謝金の支払いに係る業務全般
   (書類作成、研究費の管理、執行に関する業務、研究補助者の勤務時間管理、関係者との調整等)
 ・外国人研究員等の応募・受入にかかる業務
 ・学内プロジェクトの公募等の運営(会議運営も含みます)
 ・外部資金等への応募にかかるサポート業務
 ・外部資金等の報告書等提出に関する業務
 ・その他、教員等が行う研究活動の支援に係る業務全般

 

本学は学生の2/3が留学生で、自国・地域の発展のために、国際開発、経済学、政治・行政学を中心に学んでいます。

現在、本学では、「持続可能な開発目標」(SDGs)を教育と研究さらには大学運営における指針として特に重視しています。SDGsに貢献する教育研究活動を支える大学職員として、国際協力・貢献ができるお仕事です。

職種
事務・管理・経理
勤務形態
契約
働き方
フレックス

応募条件

語学力
英語
英語による実務経験を有すること。(TOEIC730点相当以上、実務経験考慮)
学位
学士あるいは同等程度
その他必要な業務経験・能力

・PCの基本操作ができること(Word、Excel)
・研究費等の管理に関する実務経験を有すること。
・英語による実務経験を有すること。(TOEIC730点相当以上、実務経験考慮)
・研究補助者の勤務時間管理実施のために、勤務時間管理システム(Webシステム)の操作が必要となります。
・日本語での業務が主ですが、本学では外国人教員が約2割を占めており、教員や関係機関とのやり取りの際に、英語での対応が必要です。
・様々な業務に対して、自分自身で考え、周りと協調を図りながら、業務を進めていただくことが必要です。

給与・待遇

給与レンジ(月額:円)
30~40万未満
試用期間の待遇
同条件
待遇

1.就業日=月曜~金曜 週5日勤務。
2.就業時間=フレックスタイム制
・標準的な就業時間   9:00~17:45(実働7 時間45 分)
・就業可能時間帯      7:00~22:00
・コアタイム          10:00~15:00
・休憩時間             12:00~13:00

業務上必要がある場合は、超過勤務または休日出勤を命じることがある。
3.休日=土・日曜日、祝日、年末年始 (12/29~1/3)
4.休暇=年次有給休暇:初年度より20日を上限として付与。ただし、採用日により付与日数を決定(例:4月1日採用の場合、採用日に15日、翌年1月に5日付与)
その他有給休暇:忌引き、夏季休暇(3日間)等
5.給与=年俸制 300~400万円程度 (経験年数等により決定します)
 ※上記の年俸額を12で除した額を毎月支給
賞与:無
通勤手当:有

超過勤務手当:有

6.勤務開始日は2024年10月1日(応相談)

7.採用決定後、採用予定日までの間において、業務に慣れていただくため、可能な範囲で、業務に従事していただく可能性があります(業務に従事した時間については、本学謝金規程等により、謝金(1時間あたり1,400円)及び交通費をお支払いします。)。

福利厚生
交通費支給、時間外手当支給、各種社会保険完備
年次有給休暇:初年度より20日を上限として付与。 (例:4月1日採用の場合、採用日に15日、翌年1月に5日付与) その他有給休暇:忌引き、夏季休暇等 無期雇用の中途採用試験の実績あり
加入保険
あり
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険加入あり

応募について

応募方法

1.顔写真付履歴書、2.職務経歴書、3.英語能力を証明するものを電子メールにて下記宛に提出してください。

※履歴書、職務経歴書の様式、及び署名・押印の有無は問いません。

※応募書類は当方にて責任廃棄いたしますので、あらかじめご了承ください。

 

【応募締切】

2024 年8月15日(木) 必着

 

【選考方法】

書類の提出をいただいた方から順次書類選考を行い、選考された方には面接日をお知らせします(面接は、8月19日の週を予定しています)。

なお、面接については、本学が指定するビデオ会議システムにより実施しますので、ご注意ください。

利用するシステムについては、面接日をお知らせする際に、併せてお知らせします。

なお、PC、スマートフォン、タブレット等により、実施いたします。

定員に達した場合には、締切の前に募集を終了することがあります。

 

【書類提出先・問い合わせ先】

政策研究大学院大学 学術国際課課 水間、森園宛

E-mail: gakujutsusaiyo-ml@grips.ac.jp

※お問い合わせについては、E-mailによりお願いいたします。

※メールの件名に「学術国際課年俸制職員応募」と明記してください。なお、郵送での応募は受け付けませんのでご注意ください。

 

【個人情報の取り扱い】

ご提出いただいた個人情報は採用選考のために利用します。なお、採用決定者の個人情報については、引き続き採用後の雇用管理のために利用します。

本学における個人情報の取り扱いについては、本学HP上「情報公開・個人情報保護」(http://www.grips.ac.jp/jp/about/disclose/)をご参照ください。

募集人数
若干名
募集期間
2024/06/19 16:45 2024/08/15 23:59

政策研究大学院大学学術国際課年俸制職員(研究支援業務) の募集

国立大学法人政策研究大学院大学

この求人に似た求人を探す

勤務地

勤務形態

働き方

お問い合わせ先

担当部課
学術国際課
担当者氏名
水間、森園
電話番号
03-6439-6032
メールアドレス
gakujutsusaiyo-ml@grips.ac.jp
ホームページ
担当者から一言

 政策研究大学院大学 学術国際課では、教員の研究活動をサポートしていく職員を募集します。本学では、政策課題の解決を目指した学際的な政策研究を推進しており、社会的・政策的ニーズに応じたよりよい研究成果の創出に向けて、教員と大学運営局が一体となって活動しています。「サポート」といっても、ルーティンワークだけではなく、よりよい研究環境を実現し、その成果を通じて社会に貢献していくためアイディアを出し合うような新しいチャレンジもあるやりがいのある仕事です。

団体情報詳細
設立目的・事業内容
公共政策に関する研究と教育を通して、日本ならびに世界における民主的な社会統治の普及・充実・強化に貢献する。 1.世界的にも卓越した研究・教育を実現するため、国際的スタンダードに適合した研究・教育システムの革新、環境・条件の確保を図る。2.政策研究の学問的確立を先導するとともに、現実の政策課題についても時宜に応じた政策提言を行うための基盤を整備する。3.各国・国際機関における政策指導者、社会各界・各層の真のエリートを養成する。4.政治家、行政官、産業人、研究者からなる、開かれた政策構想の交流の場を形成する。
活動対象分野
教育、経済政策、都市開発・地域開発、ガバナンス、援助アプローチ/戦略/手法
活動実績(海外)
・世界各国からの学生の受入れと同窓会ネットワーク支援。 ・文部科学省国際化拠点整備事業「大学の世界展開力強化事業(タイプA:キャンパス・アジア中核拠点形成支援)」に採択されており、韓国開発研究院(KDI)・中国清華大学(公共管理学院)と本学により形成する北東アジア地域における政策研究コンソーシアムで、大学院レベルのダブル・ディグリー・単位互換制度を利用した留学生交流等を目的に事業を推進。
活動実績(国内)
教育 英語のみで実施される教育プログラム(修士・博士課程)の実施。 研究 学内に設置された政策研究センターにおいて、時宜にかなった時限性研究プロジェクトを数多く実施。
所在地
106-8677
東京都 港区六本木 7-22-1
設立年月
1997 / 10