国際交流基金(JF)日本語指導助手

独立行政法人 国際交流基金

  • 委嘱
  • 海外勤務
  • 業務委託

職務内容

職務分野
教育、日本語教育
業務対象国/勤務地
全世界   全世界
アジア、欧州、大洋州地域(予定)
業務期間
2025/04/01
就業時間
09:30 18:30 (休憩時間: 12:30 13:30
※各派遣先により異なります。
休日
土、日
時間外労働
あり
※各派遣先により異なります。
その他業務条件
2025年度中に派遣。 任期は通常2年間(延長なし)。
業務内容

JF海外拠点や各国の日本語教育機関において、必要に応じて日本語上級専門家、専門家の指導を受けながら、日本語講座の授業や日本語教育事業を単独ないしチームの一員として担当する。

職種
その他
勤務形態
委嘱
働き方
海外勤務、業務委託

応募条件

語学力
不問
外国語能力や外国語学習歴があることは重要ですが、業務の内容や赴任先国の状況により必要とされる語学力はさまざまです。一人で授業を担当したり、生活をしていく上で必要な現地語もしくは英語でのコミュニケーション能力が求められます。
学位
学士以上
技術資格

下記(1)~(6)をすべて満たす者。

  1. (1)日本国籍を有し、日本語を母語とする者。
  2. (2)2025年4月1日時点で35歳未満である者。
  3. (3)心身ともに、任期を通じて、海外での業務遂行に支障がない状態であること。
  4. (4)4年制大学卒業以上の学歴を有すること(2025年3月に卒業見込みも可)。
  5. (5)下記のいずれかの日本語教育学習歴を有する者。
    1. ア.大学または大学院で日本語教育を主専攻または副専攻として修了している者
      (2025年3月修了見込を含む)
    2. イ.日本語教育能力検定試験合格者
    3. ウ.日本語教師養成講座(420時間以上)修了者(応募時点で修了見込みは不可)
       
    4. ※大学院に在学中でも応募可。日本語教育経験については不問ながら、ティーチングアシスタントやチューターなども含め経験があることが望ましい。他の職歴経験者歓迎。
    5. ※大学の日本語教師養成課程を修了している場合は日本語教育副専攻と同等であると見做します。(ただし、文化庁日本語教育総合調査において「必須の教育内容」が対応済の養成課程に限ります。)(参考:2. 日本語教師養成を実施する大学 | 文化庁
  6. (6)2025年2月中旬~3月上旬頃(予定)にオンラインで実施予定の派遣前研修に参加できること。

(参考)前年度の実績
2024年2月19日から3月6日の期間のうち、各週2~3日、午後の時間帯(日本時間)をメインにオンラインで実施
※今年度の派遣前研修の実施期間と形態については、このとおりとは限らない。

類似業務経験年数
日本語教育経験については不問ながら、個人教授、教育実習、ティーチングアシスタント、チューター、ボランティアも含め、経験があることが望ましい。
歓迎条件
協力隊経験者歓迎
その他必要な業務経験・能力

募集要項および下記ウェブサイトを参照してください。

 

給与・待遇

給与レンジ(月額:円)
30~40万未満
待遇

旅費、滞在費、住居経費等を支給する。共済制度あり。

※下記、給与レンジ(月額)は便宜的に「30~40万未満」としていますが、詳細は募集要項の「派遣期間中の待遇の試算」を参照してください。

加入保険
あり
JFが海外に派遣する方を対象としての負担金と指導助手の掛金により行う相互扶助事業である「独立行政法人国際交流基金在外共済会」へ加入して頂きます。在外共済会では、傷病療養費の割を給付するほか、加入者が死亡した場合には弔慰金、傷害による後遺障害が生じた場合は見舞金を規定により給付する共済給付事業や、海外での生活設営に必要な資金を低利で貸し付ける貸付事業を行っています。

応募について

応募方法

【提出先】

件名と宛先は下記のとおり記載してください。

 件名:日本語指導助手公募 応募用紙提出(応募者氏名)
 宛先:国際交流基金 日本語指導助手派遣 公募担当

2つの電子メールアドレスを宛先に入れてください。

 jfkoubo.doc@jpf.go.jp

 koubo.jf@ifa-japan.org

※応募用紙受信後、受領の電子メールを送信者に対してお送りしますが、2営業日後となっても連絡がない場合は、jfkoubo.doc@jpf.go.jpまでお問い合わせください。

 

詳細は以下のウェブサイトに掲載している募集要項をご確認ください。

国際交流基金 - 2025年度海外派遣 日本語専門家 公募のお知らせ (jpf.go.jp)

募集人数
6名程度
募集期間
2024/07/01 00:00 2024/08/09 23:59
応募時の注意事項

お問い合わせの際は下記の当基金担当部課メールアドレスへ直接メールいただくようお願いします。PARTNERマイページ内のメッセージ機能からのお問い合わせはご遠慮ください。

国際交流基金(JF)日本語指導助手

独立行政法人 国際交流基金

この求人に似た求人を探す

お問い合わせ先

担当部課
日本語第1事業部 事業第2チーム
担当者氏名
日本語指導助手派遣 公募担当
電話番号
03-5369-6068
メールアドレス
sakura_adoption@jpf.go.jp
担当者から一言

たくさんの方のご応募をお待ちしております。

団体情報詳細
設立目的・事業内容
国際文化交流事業を総合的かつ効率的に行うことにより、我が国に対する諸外国の理解を深め、国際相互理解を増進し、及び文化その他の分野において世界に貢献し、もって良好な国際環境の整備並びに我が国の調和ある対外関係の維持及び発展に寄与することを目的とする。
活動対象分野
教育、平和構築、評価、市民参加、日本語教育
活動実績(海外)
海外24カ国にある25カ所の海外拠点*をベースに、外部団体とも連携しつつ「文化芸術交流」「日本語教育」「日本研究・国際対話」の3つの分野で国際文化交流を推進する業務を実施しています。 (*2022年4月現在。)
活動実績(国内)
本部と京都支部、2つの附属機関(日本語国際センター、関西国際センター)をベースに、国内の国際協力団体とも連携しつつ、「文化芸術交流」「日本語教育」「日本研究・国際対話」の3つの事業分野の事業を企画、実施しています。
所在地
160-0004
東京都 新宿区四谷 1-6-4
設立年月
1972 / 10