求人情報を探す | 国際キャリア総合情報サイト PARTNER | 国際キャリア総合情報サイト
PARTNER 国際キャリア総合情報プラットフォーム

MENU

HOME 新規個人登録はこちら 新規団体登録はこちら 初めての方はこちら 学生の方はこちら close
  

求人情報を探す

【公募案件】(新規)エジプト 特別活動を中心とした日本式教育モデル発展・普及プロジェクト チーフアドバイザー 専門家 独立行政法人 国際協力機構(JICA) 調達・派遣業務部 人材確保課

{{addToFavoriteBtnValue}} この団体にメールを送る

お気に入りに追加しました。


応募の前に、 公募案件応募の手続きをご確認ください。

応募の前に、 「JICA専門家の待遇」 を確認してください。

応募の前に、 「海外居住者/海外在勤者について」 を確認してください。(海外居住者/海外在勤者制度適用対象の判断基準は、「海外居住者/海外在勤者制度適用対象フローチャート」 よりご確認ください )

「応募方法」に記載の内容をすべて読み、同意している。

「応募条件等」に記載の応募資格を満たしていることを確認している。

応募の前に、応募書類をすべて準備している。(複数回の応募、応募書類の別途送付は不可)

「応募条件等」を全て読み、応募条件等に同意している。

「応募方法」を全て読み、応募手続きを理解している。

応募の前に応募書類を全て準備している。
(1件の応募は1回まで。複数回にわたって応募書類を送付したり応募書類の別途送付は不可)

※上記の全てを確認し、ご同意いただける方はチェックを付けてください。応募が可能となります。

※ 応募期間は終了しました。
応募に関するお問い合わせについてはこちら

{{applyBtnValue}}

登録団体に対するオファー希望状況が登録されていません。こちらからご登録ください

現在「{{offerStatus__c}} 」と登録されています。変更はこちらから

この案件に応募するには「国際協力人材登録」が必要です。
未登録や「簡易人材登録」の方は、「国際協力人材登録」の上、ご応募ください。
ログイン後、応募ボタンが表示されます。
なお、「国際協力人材登録」の手続きには3営業日程度を要しますので、お早めにご登録ください。

多様な働き方

働き方
多様な働き方

職務内容等

派遣期間/業務期間/委嘱期間 2021年11月上旬~2023年11月上旬(予定) ただし、2021/09/02からの2週間、赴任前研修を受講していただきます。査証発給手続きやCOVID19の影響により前後する可能性があります。なお、派遣時期及び派遣期間については、変更の可能性もある点をご了解ください。また、書類選考、面接選考に加え、健康診断に基づく当機構顧問医による判定を経て、派遣が最終的に決定されます。詳しくは「健康診断について」(https://partner.jica.go.jp/servlet/servlet.FileDownload?file=0152t000000EPYr)をご覧ください。
募集分野 援助アプローチ/戦略/手法;教育

JICAからのひとこと

求められる資質と能力 本件で求められる資質と能力は以下の通りです。
分野・課題専門力
★★
総合マネジメント力
★★★
問題発見・分析力
★★★
コミュニケーション力
★★★
援助関連知識・経験
地域関連知識・経験
★★
[★★★:非常に重視する ★★:重視する ★:参考程度 -:不問]
格付けについて
国際協力人材に求められる6つの資質と能力について
案件の背景
エジプトは、チュニジア革命に触発された2011年のエジプト革命後、暫く混乱が続いたが、2014年1月の新憲法制定、同年6月のエルシーシ大統領選出以降、安定を取り戻しつつある。一方、元々の革命の原因であり、人口増による若者の労働市場参入を背景とした失業率の高さ(2014年当時13.37%)や都市と地方の格差は依然として深刻であり、これらの改善には教育分野を含む広範な分野での対策が必要である。
エジプトの総合的な開発指針を示す「持続可能な開発戦略2030」(2015年3月対外発表)においては、「経済開発」、「市場競争力強化」、「人材開発」、「市民の幸福」の4つを達成すべき目標としている。エジプト政府はこの中の「人材開発」において教育を重点に掲げており、2030年までに効果的な制度の下で、質の高い教育を差別なく誰でもアクセスできるようにするとしている。また、当国児童法では、「児童が自尊心を高め、社会への参加の準備を整え社会で責任ある人材となることを十分理解し、児童の個性・才能・精神・身体能力を高めること」とし、学力だけでなく、心や身体を高めることを目指している。しかしながら、実際の学校教育は、学力に偏重しており、当国の教育の特徴である厳格な進級・卒業試験は、高い失業率(少ない雇用数)と相まって試験熱が加速し、学校での社会性醸成という機会が生かされていないという懸念がある。
かかる背景を受けて、2015年1月の安倍首相とエルシーシ大統領との会談において、同大統領より、日本式教育(特別活動:規律、倫理観、協調性等が醸成される学校行事、掃除、情操教育等)に関する支援の可能性について関心が示され、2017年2月より「学びの質向上のための環境整備プロジェクト」(以下「先行事業」という。)を開始した。
先行事業では、日本式教育の要素である特別活動や、日本の学校運営及び学級経営方法、遊びを通じた学びなどの活動をエジプトの公立校に導入し、全人的教育のモデルづくりや全人的教育を促進するため教育行政官等の能力強化を支援した。その結果、特活オフィサー(以下「TO」という。)と呼ばれる特活の指導主事が80名あまり育成されたほか、新設のエジプト日本学校(EJS) を中心とする公立校で全人的教育が実践され、子どもたちの協調性や、自己肯定感、問題解決能力が高まるなどの変化が確認された。
また、エジプト政府はこれまでの知識偏重、理論中心の学びから、問題解決能力や協調性、自己管理力などのライフスキルの獲得を目的とした学びに転換するため、先行事業に並行し2018年から大規模な教育改革に着手した。段階的に新教育システム「Education2.0」へ移行すべく、2018/19学年度に幼稚園及び小学1年生から新しいカリキュラムの導入を進め、2030年までに後期中等教育までをカバーする方針である。なお、新しいカリキュラムには日本の特別活動をモデルとした「Mini-Tokkatsu」 が正式に導入され、全公立校で実施する方針となった。
本事業は、これら教育セクターにおいて当国が進める政策及び教育改革を踏まえ、先行事業で開発した全人的教育モデルを普及し、持続的に実施していくためのエジプト側の体制強化及び仕組みづくりを支援するものである。
業務/委嘱の目的
エジプト国「特別活動を中心とした日本式教育モデル発展・普及プロジェクト」のチーフアドバイザーとして、カウンターパートに技術的・政策的助言を提供し、日本人専門家チームを総括しながら、本事業全体が期待された成果を計画通り達成するよう、現地でのプロジェクト活動の全体を調整する。
期待される成果
(1) 他プロジェクト専門家の統括の結果、プロジェクトデザインマトリックス(PDM)が示すプロジェクト目標・成果・活動に基づき、本事業が円滑に運営され、協力期間内の所期の目標達成が見込まれる状態となる。
  (ア) 当国の教育政策・改革に則り、先行事業で開発した全人的教育の持続的普及を担保すべく、エジプト政府当局(教育省PMU及び関係部局)の執行能力と体制強化が図られる。
  (イ) 全人的教育モデルの実施・普及がエジプトの教育システムの中に制度化、内在化される。
  (ウ) 全人的教育モデルの実施・普及にかかるエジプト側組織及び人材のキャパシティディベロップメントが図られる。
  (エ) 普及戦略に基づき全人的教育モデルが段階的・分権的に普及される。
  (オ) 特別活動研修/認証制度(TTCS)の構築について、本事業での支援内容が整理され、必要な活動が実施される。
  (カ) プロジェクト終了後の普及戦略が策定され、プロジェクト終了までに、PMUは日本人専門家を必要とせずにPMUの業務を展開できる。
(2) 本事業を取り巻く他の基礎教育分野の事業(EJEPの下実施される資金協力事業、技術協力事業、海外協力隊派遣、民間連携事業等を含む)が、相互の整合性・補完性に配慮した形で実施される。
(3) C/P、教育省関係機関、他ドナー、本邦関係者と密接な連携を図り、状況の変化に応じた適切な対応が取られる。
(4) 本事業の成果等を積極的に情報発信し、他国関係者とも知見が共有される。
業務/職務内容

業務対象国/勤務地 エジプト カイロ
配属先 教育・技術教育省
チーム構成(日本側専門家構成)・プロジェクト全体構成
本プロジェクトには本ポストの他に、長期派遣専門家1名(全人的教育実践12MM)及び業務実施契約によるコンサルタントチームが従事する予定です。また、本プロジェクトの全体期間は2021年10月~2027年9月までの予定です。
募集人数 1名
案件関連参考情報

応募条件等

語学力
英語
以下のレベル以上であること
1)極めて高いコミュニケーション能力を有する。
2)TOEIC860点以上、TOEICS&W330点、TOEFL600点(CBT250点、iBT100点)、英検1級、国連英検A級、IELTS 7.0、ケンブリッジ英検CAE/CPE以上、通訳案内業(案内士)試験合格

※その他の資格試験については、

{{i18n.notes.applyLangNotes1}} 「{{i18n.guides.applyLangNotesLink}}{{i18n.guides.applyLangNotes1After}}

学歴 修士あるいは同等程度
必要な技術資格

関連実務年数 10年以上
青年海外協力隊経験 不問
必要な業務経験・能力

待遇

募集期間 {{recruit.collectionPeriodFrom | date: 'yyyy/MM/dd' : '+0900'}} ~ {{recruit.collectionPeriodTo | date: 'yyyy/MM/dd' : '+0900'}} 正午(日本時間)

応募方法

応募方法

応募時必要書類

専門家履歴書


業務企画書


写真(所定の写真貼付台紙に貼り付け)


語学証明書


海外居住状況確認書


履歴書作成はこちら

マイページにて簡易に専門家履歴書が作成できます。
ログインの上、ボタンを押下しリンク先の「専門家履歴書」を選択して下さい。

選考手順

応募時の注意事項

問い合わせ先

募集団体名 独立行政法人 国際協力機構(JICA) 調達・派遣業務部 人材確保課
設立年月 2003 / 10
設立目的・事業内容 独立行政法人国際協力機構法(平成14年法律第136号)に基づき設立された独立行政法人で、開発途上地域等の経済及び社会の開発若しくは復興又は経済の安定に寄与することを通じて、国際協力の促進並びに我が国及び国際経済社会の健全な発展に資することを目的とする。
活動対象分野 援助アプローチ/戦略/手法
活動実績(海外) ・開発途上国への技術協力  研修員受入  専門家派遣  機材供与  技術協力センター設置・運営  開発計画に関する基礎的調査 ・有償資金協力  円借款  海外投融資 ・無償資金協力  ※外交政策の遂行上の必要から外務省が自ら実施するものを除く。 ・国民等の協力活動の促進 ・海外移住者・日系人への支援 ・技術協力のための人材の養成及び確保 ・調査および研究 ・緊急援助のための機材・物資の備蓄・供与 ・国際緊急援助隊の派遣
活動実績(国内) 同上
所在地 東京都
千代田区二番町 5-25 二番町センタービル
ホームページアドレス https://www.jica.go.jp/

条件が近い案件

募集分野、勤務地(都道府県/国)、語学力、募集団体、業務開始日、福利厚生が近い案件を表示しています。

先月 来月